6/24開催 サステナブルな仕事 合同採用説明会 by WORK for GOOD

greenz people ロゴ

地域・情報デザイン・教育の分野で、企画・編集・執筆を行う(一社)PicoBirds代表。 オイシックス株式会社のライター/販売企画を経て独立。2015年以降、地域の編集と情報発信をテーマとした合宿型ワークショップ「LOCAL WRITE」を全国で開催。2017年よりその参加費等で、中高生と「問い」を起点に学び、地域を発信する房総メディアエデュケーションPJを立ち上げ「房総すごい人図鑑」をリリース。執筆媒体は雑誌『ソトコト』ほか多数。各地のローカルメディアの編集・制作にも携わる。著書『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』(イカロス出版)はAmazon.jp「社会と文化」「経済学」の2部門で1位獲得。
【WEB】SLOW MODERN FOOD
■房総すごい人図鑑

■ライター・イン・レジデンス『LOCAL WRITE』

■書籍『「小商い」で自由にくらす~房総いすみのDIYな働き方』

磯木 淳寛

磯木 淳寛

シニアライター

QUOTE FOR YOU

greenz.jpの人気記事

社会の変えかたを、見つけよう

ポストコロナは、生き方のアップデートが必須?

カンヌ広告祭xソーシャルグッド

「分断」のとなりで生きる

消費社会に、ささやかな抵抗を!

「生きる、を耕す。」人たち

政治対立を対話やテクノロジーで乗り越えよう!

PROJECTS

グリーンズの本棚(レビュー)

グリーンズの本棚(レビュー)

グリーンズメンバーが心からオススメする書籍・映画をレビューします!いかしあうつながりを体感できる本や映像のリストとなるよう連載予定。読後の感想もお気軽にお寄せください。

記事の一覧を見る

Regenerative Design

Regenerative Design

グリーンズが考える「リジェネラティブデザイン」とは『自然環境の再生と同時に、社会と私たち自身もすこやかさを取り戻す仕組みをつくること』です。

記事の一覧を見る

ほしい家族をつくる

ほしい家族をつくる

生き方編集者・山中散歩がさまざまな家族の実践を取材しながら、「ほしい家族をつくる」というテーマについてみなさんと探究していく連載です。

記事の一覧を見る

greenz challengers community works

greenz challengers community works

社会の不安や脅威に対してユーモアや寛容な心で立ち向かうプロジェクトの記事化、過去記事のまとめ製作、ワークショップの企画運営、U25世代向け企画、グリーンズ本体の企業案件への参画などに取り組んでいます。

記事の一覧を見る

カンヌで発見!世界のGOOD IDEA

カンヌで発見!世界のGOOD IDEA

世界最大の広告・コミュニケーションの祭典「Cannes Lions」の受賞作を厳選し、解説とともにご紹介します。

記事の一覧を見る

いかしあうつながりのレシピ

いかしあうつながりのレシピ

自らの手を動かす。みんなで一緒に作業する。慌ただしい世界で見落とされていたものをすくい上げ、想像力というタネをまき、工夫という名のお水をあげること。そこで気づくのは、金銭によって得るものとは全く違う消費のあり方です。みんながそれぞれの暮らし方をしているからこそ、自分にとって「ちょうどいい」を探る提案を、レシピにしてお届けします。

記事の一覧を見る

supported by greenz people

supported by greenz people

「greenz people」のみなさんからいただいた寄付を活用し、生み出された記事です。これからも「greenz.jp」は、読者のみなさんと一緒に、たくさんの「生きる、を耕す。」をつくっていきます!

記事の一覧を見る

マイプロSHOWCASE関西編 with 大阪ガスネットワーク

マイプロSHOWCASE関西編 with 大阪ガスネットワーク

関西をもっと元気に!関西を拠点に活躍するソーシャルデザインの担い手をご紹介します。

記事の一覧を見る

WORK for GOOD

WORK for GOOD

WORK for GOODは「働く」で社会を変える求人サイト。自分のスキルをいかして、社会をポジティブに変える。そんな「やりがいのある仕事」を世の中に広めていきます。社会課題に取り組む会社と求人を掲載中。企業からのスカウトを受けることもできます。無料登録はこちらから!https://www.workforgood.jp/

記事の一覧を見る

「いかしあうつながり」ってなんだろう?

「いかしあうつながり」ってなんだろう?

「ほしい未来は、つくろう」を実現するために、「いかしあうつながり」について考え行動していきませんか?

記事の一覧を見る