ローカルから始める、新しい経済の話

この連載は、新しい経済のあり方を探るために、国内外の学者や実践者である経営者、自治体、金融関係の方々に話を聞きにいく連載。JICA職員の高野翔、編集兼ライターの甲斐かおりとgreenzによる自主企画です。

高野はこれまでにJICAの仕事で約20ケ国ほどの地域づくりのプロジェクトに携わり、GNHを推進するブータンの国づくりに関わったことから地域にお金と幸せが循環するローカル経済のあり方を模索したいと考えるようになりました。甲斐は国内の地域コミュニティや自治の取材を重ねる中で、これまで優先されてきた経済合理性が必ずしも地域の豊かさにつながっていない現状を見てこれからの経済のあり方を模索したいとこの企画に至りました。

私たちは、地域内でお金が循環する経済が、人々の「幸せの自給率」を上げることにもつながるのではないかという仮説を持っていますが、その前提に捉われず、さまざまな意見をもつ方々にお話を伺いたいと考えています。

greenz people

greenz people

QUOTE FOR YOU