『生きる、を耕す本』が完成!greenz peopleになるとプレゼント→

greenz people ロゴ

北海道函館市出身。東京造形大学在学中よりインディーズ雑誌を発行。映画のコピーライター、育児雑誌の編集、書籍編集を経て、2007年よりフリーの編集・ライターとして、出版や広告業界を中心に活動。現在はクレヨンハウスの隔月ワンテーマ誌「いいね」の編集に携わるほか、研究者のインタビューメディアesse-senseにライターとして参加。 ライター・編集業と並行して、2009年より縄文文化を発信するNPO法人jomonismに参加し、縄文フェスや縄文アート展を企画制作。2018年にはフォトグラファーの廣川慶明と縄文探求ユニット「縄と矢じり」を結成。1万年以上続いた縄文時代の平和の中身を探求すべく、各地の縄文遺跡をめぐる旅を開始。

草刈朋子

草刈朋子

フリー編集者・ライター/「縄と矢じり」の縄