12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

せんとくんも癒される~。ロハスなビジネスホテル、奈良駅前に登場!

surperhotel_lohas
スーパーホテルLOHAS・JR奈良駅

あのせんとくんがPRする平城遷都1300年祭を来年に控え盛り上がる奈良県に、ロハス自慢のビジネスホテルがまもなく登場!名実共にロハスなこちらのホテルを、オープン前にちょっと覗いてみよう。

場所は奈良駅前。中央出口より徒歩10秒という超好立地に、3月13日、「スーパーホテルLOHAS・JR奈良駅」が誕生する。スーパーホテルと言えば、全国に87店舗のビジネスホテルを展開する巨大チェーン。今回、“LOHAS”ブランドを初めて展開し、環境への取り組みを強く打ち出した。

なんといっても特徴的なのは「エコ泊」。ホームページ経由で申し込むこちらのプランは、宿泊時に排出されるCO2をカーボンオフセットするというもの。

ecohaku
スーパーホテルLOHAS・JR奈良駅の“エコ泊”

カーボン・オフセット・プロバイダーであるジーコンシャスを通じ、途上国のグリーンエネルギー事業に使われることで“CO2ゼロの宿泊”が実現する仕組みだ。さらに、屋上階には内装に自然素材100%の珪藻(けいそう)土を使用、朝食は無添加の焼きたてパンと地元農家の野菜を提供、などなど、ロハスピープルにとってうれしいこだわりがいっぱいだ。

hotel_indoor
スーパーホテルLOHAS・JR奈良駅の内装イメージ

実は、スーパーホテルの環境への取り組みは今に始まったことではない。一泊あたりのCO2排出量を6.82kgに抑えることを宣言し、節電・節水など省エネに取り組むだけではなく、ゴミ削減、再利用などに10年以上前から取り組みを続けてきた。これらの努力の結果、事務所やホテルの半数以上において環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO 14001を取得済みだ。

くし、髭剃りの客室設置なしからスタートし、業界初のレストランの設置廃止再生紙トイレットペーパーへの切り替えお茶パックから粉茶への変更白熱球からインバーター電球への切り替え、そしてこれまた業界初の客室エアコンを集中式から個別に変更、などなど。ホテルで出来ることはやりつくしているのでは?と思うくらい、地道な企業努力が伺える。これらの取り組み、名付けて「SUPER ECO」を全部知りたい方はコチラのホームページをチェックしてみて!

まもなく新設される「スーパーホテルLOHAS・JR奈良駅」は、スーパーホテル全体として進めるエコ対策の、究極の施設という位置づけだという。まさに、エコの取り組みの集大成といえるかもしれない。

ホテルを選ぶ基準はやっぱり場所や価格が基本。でもこれからは、もうひとつ、“エコ基準”を加えてみよう。そこで過ごす時間から、いつもとちょっと違う満足感が得られるはず。