ISSUE 食と農

5 years ago - 2011.09.01

SHARES  

焙煎したてのコーヒー豆を自転車でお届けする、ユニークなコーヒー会社「Bicycle Coffee」

Copyright (c) 2011 Bicycle Coffee Company. All Rights Reserved. (公式ウェブサイトより)

Copyright (c) 2011 Bicycle Coffee Company. All Rights Reserved. (公式ウェブサイトより)

朝のお目覚めに一杯、仕事の合間に一杯…。
コーヒーは、私たちにとって、身近な飲み物のひとつですね。
このように世界中の人々に親しまれている存在だからこそ、地球環境に配慮され、生産者との公正な商取引に基づいて、消費者に届けられるべきかもしれません。そして、これらを実現しているユニークなコーヒー企業が、米国の「Bicycle Coffee Company」です。

サンフランシスコを拠点に展開している「Bicycle Coffee Company」は、現地の農園から、オーガニックのアラビカ豆をフェアトレードで調達。独自の焙煎器を用いて、少量づつ丁寧に焙煎したコーヒー豆を、地元のオフィスや食料品店、カフェなどに提供しています。また、その名前が表しているとおり、コーヒー豆の配達に自転車を使っているのも、この会社の特徴です。

「Bicycle Coffee Company」は、2009年、3人の兄弟といとこ、友人の5名で創業した、小規模なコーヒー会社。中央アメリカを旅行していた際、コーヒー農家が丹精込めて栽培する美味しいコーヒーに出会ったことが、この会社を立ち上げるきっかけだったそうです。一杯のコーヒーの裏側にある、農家の重労働を知り、コーヒー豆のありがたさを実感した彼らは、サンフランシスコに戻った後、専用の焙煎器を造り、コーヒーの自家焙煎をスタート。自転車に乗って、地元の商店などに配達するようになりました。

コーヒー豆をフェアトレードで継続的に仕入れることにより、現地のコーヒー農家が持続可能に運営できるよう、サポートできるのはもちろん、移動手段に自転車を導入することで、環境負荷の軽減にもつながりますね。また、”環境へのやさしさ”のシンボルでもある自転車が街を元気に駆けめぐることによって、より多くの人々に向け、環境への意識を高める効果も期待できそうです。

自転車で配達するブエノスアイレスのクリーニング屋さん「Laundry Company」についての記事を読もう。

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ