高架線路跡から生まれたニューヨーカーの憩いの場!話題の「The High Line」に行ってみた

線路高架跡に建設されたニューヨークの公園「The High Line」

線路高架跡に建設されたニューヨークの公園「The High Line」

古い高架線路の跡地をリノベーションして生まれた米ニューヨークの公園「The High Line」。greenz.jpでも採り上げたとおり、都市再開発における新しい取り組みとして注目されています。

では、いったい、そこには、どんな空間が広がっているのでしょう?
”百聞は一見にしかず”ということで、実際に行ってみました。

2012年5月現在、「The High Line」は第一・第二区間が竣工し、ガンスブール通り(Gansevoort Street)から西30丁目(West 30th St.)までが一般開放されています。そこで私は、西16丁目(West 16th St.)から西23丁目(West 23rd St.)まで歩いてみることにしました。

西16丁目の道路から見上げた「The High Line」。高架線路のなごりを感じさせます。

西16丁目の道路から見上げた「The High Line」。高架線路のなごりを感じさせます。

入り口の急な階段を上りきると、緑あふれる公園が出現。展望スポットでは、ニューヨークの街並みが上から眺められるようになっています。

西16丁目の入り口上にある展望スポット。”上から目線”で街を眺められます

西16丁目の入り口上にある展望スポット。”上から目線”で街を眺められます

花や緑に囲まれ、草と土の匂いにあふれるこの公園にいると、自分がニューヨークのど真ん中にいることも、そして、この場所が”空中”であることさえも、ふと忘れてしまいそうになります。

色とりどりの花の向こうにエンパイア・ステート・ビルがちらり

色とりどりの花の向こうにエンパイア・ステート・ビルがちらり

また、「The High Line」鳥の巣箱も設置されており、時折、鳥たちが餌をついばみにやってきます。鳥のさえずりが聞こえる公園なんて、ステキですね。

「The High Line」内に設置された鳥の巣。鳥のさえずりで癒され度アップ!

「The High Line」内に設置された鳥の巣。鳥のさえずりで癒され度アップ!

敷地には、ベンチや芝生があちこちにあり、ゆったりと座ってくつろいだり、ピクニックを楽しむこともできます。家族連れはもちろん、若いカップルやお年寄りのご夫婦など、老若男女とわず、みんなが思い思いの時間を過ごしていました。

芝生でヨガを楽しむ人々

芝生でヨガを楽しむ人々

現在、ニューヨークでは、「The High Line」という成功事例から発展し、古い地下道を活用したパブリックスペースの開発プロジェクト「The Low Line」も進行中。空中に、地下に、これまでの歴史を受け継ぎつつ、ニューヨークの街にさらなる魅力を与える、新たな公共の場が生まれつつあるようです。

ニューヨークの地下で進行中のパブリックスペース開発プロジェクト「The Low Line」について調べてみよう。