パンダだけじゃないぞ!なWWFの広告

panda1.jpg

オリンピックは終わりましたが、
これからも中国の動向は気になりますね。

スゴい勢いで経済が発展したひずみが
環境問題となって出てきているいま、
どうやってそれを解決していくのか。

これまでの欧米中心だった環境対策とは違った
アプローチが出てくるかも知れないので、
同じアジア人としてはとても気になるところです。

さて、今日はそんな中国で行なわれた
WWFのキャンペーン広告をご紹介します。

panda2.jpg

panda3.jpg

シリーズのタイトルコピーは
「パンダを助けることだけが、私たちの使命ではありません。」
パンダを使って、森や水辺、レイヨウ(鹿みたいな動物)が
描かれています。

インパクトある表現で、
WWFのマークはパンダだけど、
森や水、生態系を守るための取組みを行なってますよ、
環境問題のことを分かりやすく伝え、
変化を起こすきっかけづくりをしてるんですよ、
ということを表現しているんですね。

パンダの顔はモノクロで平面にすると
ガイコツみたいに見えるので、ギョッとします。
見れば見るほどコワいですが、
そのコワさが絶滅に瀕しているパンダの
叫びのように思えてきます。

経済と同じように、
中国は広告表現でも勢いを感じさせるものが
多くなってきました。これからも要チェックです。