【新着記事】福島は、日本の閉塞感をブレイクスルーする、唯一で最後のフィールド。福島12市町村ローカル起業の現在地

greenz people ロゴ

地域に受け継がれてきた生業の価値を伝え、後継者と出会うプラットフォーム「ニホン継業バンク」のライターや編集を担当しています。 運動部に打ち込む学生時代を経て、商社で営業職を経験。結婚後、夫婦で企 業を退職し、ワーキングホリデービザを使ってカナダで生活。帰国後、一時滞在するつもりが古民家を譲り受け、島暮らしスタート。セルフリノベーションした古民家に住みはじめ、次なる目標は生業づくり。

中鶴 果林

中鶴 果林

島暮らしライター