5万を超える「いいね!」に隠された、人気インスタグラマーの秘密とは? 酔いも覚めるような衝撃のSNS啓発キャンペーン「like my addiction」

2017年の流行語大賞は「インスタ映え」でしたね。日常のひとコマをパシャッと撮って手軽にコミュニケーションできるインスタグラム。その楽しさにハマっている人も多いのではないでしょうか。オシャレな写真をいつもアップする人気インスタグラマーは、いまやちょっとしたセレブ。そのファッションやライフスタイルは注目の的です。

そんなインスタの世界に突如現れたフランス人のインスタグラマー、ルイズ・ドラージュ。25歳という彼女は、旅先やパーティー、ディナーでの写真を次々とアップ。モデルのような抜群のスタイルと華麗な日常に、あっと言う間にたくさんの人が魅了され、フォロワーは12,000人を超える勢いに。

インスタデビューから2カ月たち、16,000人を超えるフォロワー、5万を超える「いいね!」を集めた頃、ルイズは150回目の投稿で、ある短い動画を投稿しました。

その動画は、こんなテロップからはじまります…。

8月1日、インスタグラムにルイズ・ドラージュが現れました。2カ月たって、彼女が投稿した写真やビデオには5万を超える「いいね!」がつきました。でも、彼女のフォロワーは、本当は何に「いいね!」をしたのか気づいていたでしょうか。

続いて、これまでの彼女のいくつもの投稿が連続して表示されます。すべての投稿に写り込んでいるのは…、アルコール飲料だということがわかります。そう、ルイズはアルコール依存症だったのです…。

映像の終盤に飛び込んでくるのはこんなコピー。

身近にいる人の中毒は見過ごしやすい。

そして、Addict AIDEという団体のロゴとURL。これは、アルコール依存症患者支援に取り組む団体の啓発キャンペーンだったのです。

フランスでは、男性では13%、女性では5%の死因にアルコールが関係あるとされています。(http://alhonet.jp/pdf/digidepo_8748100_po_0831.pdf

楽しむためや、気分転換のためから飲み始めたお酒に、いつの間にか依存してしまう。その結果、命を失うことになる。そんな深刻なアルコール依存症ですが、習慣化してしまっているだけに、身近な人には気づきにくい問題になっているのですね。

軽いノリで「いいね!」していたフォロワーに衝撃を与えたカミングアウトはさらなる話題を呼び、多くのメディアにアルコール依存症の危険とともに報道されることになりました。

アルコール依存症というのは、多くの人がその危険性を知ってはいながらも、ついつい目を背けがちな問題です。その闇に意識を向けてもらうために、インスタグラマーという光が当たる存在を活用したところが鍵となりました。

世の中にはアルコール依存症だけではなく、人が目を背けがちなさまざまな問題があります。それを、どこに引っ張ってきたら注目を集めることができるか。そんなところから、課題解決のヒントがみつかるかも知れませんね。

(翻訳協力:やなぎさわ まどか)

– あなたも「greenz people」に参加しませんか? –

こちらの記事は「greenz people(グリーンズ会員)」のみなさんからいただいた寄付をもとに制作しています。2013年に始まった「greenz people」という仕組み。現在では全国の「ほしい未来のつくり手」が集まるコミュニティに育っています!グリーンズもみなさんの活動をサポートしますよ。気になる方はこちらをご覧ください > https://people.greenz.jp/