12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

新潟の春をもっと楽しく!商店街を歩いて回れる“ほっこり系”アートフェスティバル「春山登山」開催中! [コミュニティデザインの現場から]

tozan2

都内で桜も咲き、春爛漫といったこの季節、みなさんはどこかにお出かけしましたか?
GW前の一足早いお出かけにぴったりのアートフェスティバルをご紹介します!

「新潟の春がもっと楽しくなりますように」をテーマに、2009年に始まったアートフェスティバル「春山登山展」が、古い町家が並ぶ歴史あるエリア、新潟市中央区上古町(かみふるまち)で開催されています。期間は4月6日から23日まで。

一番の特徴は、多くの人で賑わいを見せる「上古町商店街」の店舗や家屋物件を再利用している点です。

_4046949

500mほど続く商店街には、元酒屋や元医院の空き店舗、老舗の時計店のショーウィンドー、和菓子屋産や中華料理屋さん、県政記念館などが立ち並び、その中にアーティストが作品を展示中。昔の趣がそのまま残っているので、作品めぐりとともに、街めぐりや歴史の滲み出る建築物の風情なども味わい、楽しむことができます。

このアートフェスティバルを手がけるのは「ヒッコリースリートラベラーズ(hickory03travelers)」。上古町エリアに密着しながらお店を構えたり、商店街のデザインを手がけたりと、地域活性のために活動しているクリエイター集団です。

ヒッコリースリートラベラーズの代表でもあり、この上古町商店街の理事でもある迫さんにお話を伺いました。

もともとこの上古町エリアは、昔からの町家が残っている趣のあるエリア。歴史ある老舗の商店が並ぶ一方、古い長屋を利用して若者がオープンしたファッションのお店などが混在している、面白い地域なんです。

その上古町一番町から四番町までのエリアを、2004年に「上古町商店街」と名づけ、ロゴを作ったり、地図を作ったりして、ブランディングを始めました。

kamihurumachi
かわいいウェブサイトも。http://www.kamifuru.info/

商店街のアーケードを塗り替えたり、イベントをやったり、みんなで盛り上げようと商店街ぐるみで活動してきました。

そうして地域を盛り上げる活動をしている中で、僕たちのようなクリエイターやアートの作家たちが、年代を越えてつながりあえる機会を持ちたいと、グループ展を始めたのがきっかけです。

shoutengai

参加するのは、新潟県内外から集まった若手作家19名。新潟からは15名、県外(北海道、沖縄、石川、東京)からも4名が参加。「1人1部屋」のコンセプトのもと、イラストや写真、立体作品といったアート作品を展示しています。

_4077061

上古町商店街エリアを中心に、観光客は行くけれど地元の方には疎遠な場所、知っているけど行く機会がない場所を会場にしています。来場者に巡り歩いてもらうことで、街の魅力を再発見してもらえたらと。

4年も続けているので、作家さんにもファンが生まれたりと、地域と作家のつながりもでき、「春山登山」をこの季節の風物詩としてとらえてもらえるようになりました。

開催期間中は、地域の商店と連携し、チケットを見せることで食べ物が割引になったり、おまんじゅう屋さんにお願いして記念のおまんじゅうを作ってもらったり、かなり深いところで地域とつながったイベントになっている模様です。

この「春山登山」は、小さい規模の商店街に、クリエイターが長い期間根付いて活動しているからこそ成功している地域デザインの面白い事例だと思います。

このエリアは前述の通り、歴史ある老舗と、感度の高い若者が運営するクリエイティブなお店が混在している全国的にも珍しい商店街なので、東京などの都市部の方が来ても十分に楽しめますよ!

観光地としては取り上げられることの少ない新潟ですが、町は実はこんなに面白いんだ!と思ってもらえたら嬉しいですね。

小商いのすすめ』という本がベストセラーになるなど、時代のキーワードは「小商い」。アートフェスティバルなども、規模や来場人数で競うのではなく、コミュニティとしてのつながりの深さや、町の持つ味をどこまで濃く引き出せるか、が魅力の基準になってくるのかもしれません。

開催期間中はダンスカンパニーの講演など、催しやイベントも盛りだくさんです。日帰りでも十分楽しめる、新潟の小さなアートフェスティバル。みなさん、GW前の小旅行に、ぜひ足を運んでみては?

tozan

春山登山2012

会期:2012年 4月6日(金)〜23日(月)
※レセプション 4月7日(土) 17時〜ヒッコリーにて
料金:共通パス 500円 (チケット販売開始 3月17日)
会場:新潟市上古町商店街(古町3番町とか)
・細野医院(元診療所)
・県政記念館
・hickory03travelers2F
・波多野時計店
・中国料理楼蘭

【参加作家】
アンモ(新潟)
遠藤 在(新潟)
大方 美穂(新潟)
小出 真吾(新潟)
近藤 実可子(新潟)
迫 一成(新潟)
スズキサト(石川)
諏訪 賢史(新潟)
高橋 徹(新潟/初)
tomizou(新潟)
豊永 盛人(沖縄/初)
内藤雅子(新潟)
野中春花(新潟)
藤井芳則(新潟/初)
ホサカ・タカシ(新潟)
祭 太郎(北海道)
力石 哲郎(東京)
ワタナベメイ(新潟/初)

主催:hickory03travelers
共催:水と土の芸術祭2012
後援:新潟市上古町商店街振興組合
チケット販売:ヒッコリースリートラベラーズ
お問い合せ:ヒッコリースリートラベラーズ(025-228-5739)

「コミュニティデザインの現場から」の他の記事を読んでみよう