3/4(日) green drinks 大阪「関西を南からソーシャルデザインする!」

greenz people ロゴ

スマートフォンで撮影された世界最大のストップモーションアニメ「Gulp」

Gulp
コマ送りで撮られるストップモーションアニメは温かみがありますよね。ピングーやチェブラーシカなど、誰でも一度は見たことがあるはず。しかし今日紹介する作品「Gulp」は、みなさんの想像をはるかに超えるスケールで制作されました。しかも撮影したカメラはスマートフォン!すでにブログでも話題になっていたのでご覧になった方もいるかもしれませんが、ぜひ作品をご覧ください。

Gulp. The world’s largest stop-motion animation shot on a Nokia N8. from Nokia HD on Vimeo.

とってもかわいい作品ですよね。本当に魚を釣っているような動作などがリアルで、人形が動いているみたい・・・と思いきや、漁師を演じているのは本物の人間。人があんなに小さく見えるということは?そう、画面として映っている砂浜はとてつもなく広いのです!イギリス・南ウェールズにあるペンダイン・ビーチを舞台に縦24m×横43m、約1,025㎡にも及ぶ地で撮影され、ストップモーションアニメとしては世界最大の規模を記録しました。

これは1200万画素のカメラを持つ、ノキアの新製品「N8」というスマートフォンのプロモーションのために制作されました。 この「N8」をクレーン車に3台吊るし、約36mの高さから撮影したそうです。
Gulp-2

手掛けたのはストップモーションアニメで世界的に有名なイギリスのアニメーションスタジオAardman。また砂の模様はイギリスのサンドアーティスト・スタジオSand Sculpture Iceによって描かれています。その様子はメイキング映像で公開されています。

たくさんの人々が膨大な手間と時間をかけているのがよく分かりますね。砂浜とスマートフォンとパッション。それだけでこんな感動的な、しかも世界一の映像に仕上がるんです。

よく「自分の住んでいるまちには何もない」というコメントを聞くことがありますが、今そこにあるものを素材とするだけで、十分に魅力的な表現ができるんです。「ないものはない。」というまさに逆転の発想、あなたのまちにはどんな素材が眠っていますか?

※ちなみに監督を務めたEd Patterson氏とWill Studd氏は、なんと世界最小のストップモーションアニメも手掛けています。興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

The world’s smallest stop-motion animation 「Dot.」

日本の未来を学生が映像で表現するアワード「my japan」もチェック!

(via core77)

ライターインターン 木村絵里