7/15(日) greenz.jp 12周年パーティーを開催します!

greenz people ロゴ

上がり続ける離婚率をLOVEでストップ!? 中国で始まった「7年後に届くラブレター」サービス

Some rights reserved by The Infatuated

Some rights reserved by The Infatuated

結婚式なんかでラブラブな夫婦を見ると、結婚っていいなあ!と憧れてしまいますよね。しかし一方では、離婚の問題も深刻なようです。

急速に経済成長をしている中国では、ここ7年連続で離婚率が上昇し、深刻な問題になっています。この状況をLOVEで解決するべく、郵便局と民事局が、「7年後に届くラブレター」のサービスを開始しました。

結婚するカップルは、お互いにあてたラブレターを書き、専用の封筒に入れて郵送します。集められたラブレターは郵便局で保管され、7年後にお互いの相手に届けられます。専用の封筒は、北京の17の登記所で、婚姻届を出す際に手に入れることができます。結婚をする時の甘~い幸せいっぱいの時の気持ちをしたためておくのはちょっと恥ずかしい気もしますが、7年後に一緒に受け取った夫婦には、もう一度幸せを届けてくれそうですね。

chinapost

このサービスは9月9日に開始されたのですが、これは中国語で「九九」が「永久」という言葉と発音が似ているので、縁起がいいためのようです。結婚をする時に、離婚の時の決め事をする、という国もありますが、お互いにラブレターを送る、という方がロマンチックで憧れちゃいますよね。ぜひ結婚の新常識になったらいいですね。

ただし、別れてしまった場合、昔の相手からの手紙を受け取るなんて嫌だ、など、批判的な意見もあるようです。中国では急激に生活状況が変わっていますし、7年後にどうなっているかなんて、誰にもわかりません。それでも、離婚率という問題にLOVEで対抗しようという、なんともユニークなアイディアなので、ぜひうまく行って欲しいものです。

(via springwise

ライター:安部南