\いまだけ入会特典/ People’s Books バックナンバープレゼント

greenz people ロゴ

参加するだけの「カンファレンス」はもう古い!?クリントン元大統領が始めた新しい「カンファレンス」とは?

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by oxfam international

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by oxfam international

「カンファレンス」と聞いて思い浮かべるのはどんなことだろうか?偉い人の有難いお話を拝聴する場所?それとも、自分の意見を高らかに主張する場所?一つのテーマについて参加者で議論する場所?そのいずれもあるだろうが、話を聴くだけでも、話すだけでも、議論するだけもない、新しい「カンファレンス」が始まっている。仕掛けたのは、第42代アメリカ大統領のビル・クリントン氏だ。

クリントン元大統領が主宰するのは、Clinton Global Initiative (CGI)というカンファレンス。話も聴くし、話もする、議論もするけれど、最大の特徴は、そこで話したことを成果に結びつけるために、コミットメント(達成目標)を伴うということだ。

greenz/グリーンズ CGI
Clinton Global Initiativeのウェブサイト

もちろん、会議はその場限りでは終わらない。CGIは、一年を通じてメンバーが交流する「場」として機能する。メンバーには、100を超える現役、あるいは過去の国家元首、14人のノーベル平和賞受賞者、数百人の企業トップ、NGOのリーダーなど、影響力を持った大勢の人が名を連ねている。2005年に会が創設されて以来、460億ドル(約4兆5000億円)に相当する1,200のコミットメントがなされ、150の国で2億人を超える人々に影響を与えている。また、2008年の定例会議でなされたコミットメントは、1億6000万人に効果を及ぼすと期待されている。

このCGIの学生向けのカンファレンスが先日開催された(2009年2月13日~15日)。その名もClinton Global Initiative University (CGI U)。「教育(Education)」、「エネルギー気候変動(Energy & Climate Change)」、「国際保健(Global Health)」、「平和人権(Peace & Human rights)」、「貧困撲滅(Poverty Alleviation)」をテーマに、60を超える国から1,000人を超える学生が集結した。こちらも、ただ集まるだけではなく、行動をするためのコミットメントが参加の要件になっている。

greenz/グリーンズ CGI University
CGI Universityのウェブサイト

不言実行」、「有言実行」、「知行合一」、「言うは易く行うは難し」。行動(実践)することを貴ぶ言葉は多い。それほど、行動(実践)することは難しいということか。知識(認識)を行動(実践)に移すことは人類永遠の課題かもしれないが、コミットメントを伴うカンファレンスというのは実に新しいと思う。行動するエネルギーは間違いなく周囲に波及していくだろうし、行動から得られる学びは生きた血となり肉となるはずだ。あなたが踏み出すのは、どんな一歩?

「自分も何かせねば…」と、己を深く省みつつ…。

CGIはハードルが高いという人は、ひとまずgreen drinksに参加してみる

CGI Uはハードルが高いという人は、ひとまずgreen campusに参加してみる

知行合一を産み出した陽明学について調べてみる