読者のみなさんにお願いです。greenz.jpを寄付でサポートいただけませんか?

greenz people ロゴ

石油にはもう頼りません!アイスランドが2050年までに水素社会の実現を目指す

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Stuck in Customs  Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Stuck in Customs

Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Stuck in Customs Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by Stuck in Customs

ビョークやシガー・ロスといった有名ミュージシャンでその名を聞くことの多い国「アイスランド」。そのアイスランドが、2050年までに石油に頼らない水素社会をつくることを目指している。

日本の約4分の1の面積に新宿区と同程度の人口30万人弱が住む、北大西洋に浮かぶ島国であり、1人当たりのGDP(国内総生産)は世界第4位(日本は15位)の経済先進国アイスランドは、地熱と水力発電などの再生可能エネルギーで国民の電力消費量の72%以上(世界最高)をまかなっている。主要産業は水産業、水産加工業、アルミの精錬や観光など。つまり、あとはクルマとトラック、船舶など、輸送に使うエネルギーを水素化すれば、ほぼ石油に頼らない国を作れるというわけ。

2001年から4年間、首都であるレイキャビクにて3台の燃料電池バスと世界初の水素ステーションのデモンストレーションが行われ、結果は成功だったという。今後は首都とその周辺のバスを燃料電池化、燃料電池車の一般導入、燃料電池船(フネですよ)のデモンストレーション、漁船の燃料電池化、までを目指しているそうだ。

アイスランドの今後に注目である。