傘から落ちるしずくを有効活用! 雨の日が楽しくなる傘たて

ホームページより | greenz / グリーンズ

ホームページより | greenz / グリーンズ

ただの傘たて? いや違う。これは、傘たてでありながら、植物も育つ「umbrella pot(アンブレラ ポット)」なのだ。

どしゃぶりの雨から帰ってきて傘を置くと、瞬く間に傘の先から流れたしずくが水たまりとなり、こんなたくさんの水が傘についてたのか…などと、ついついみとれてしまうことがある。この水だって、使おうと思えば使えるのにな…。もったいない…。なんーて思ってしまったりもして?!

そんな方にうってつけの傘たてが「umbrella pot」。白いセラミックで作られた、美しいフォルムの傘たての下に、プランターが! 雨で濡れた傘を入れると、自然にプランターに水が流れていき、プランターに植えられた植物に水が与えられる、というしくみだ。「憂鬱な雨の日」を「育っていくグリーンを見てなごむ・癒される日」に変えてくれるハッピーな傘たて。ただし、雨の降らない日は、忘れずに水やりを!

最大30本ほど入るこの傘たては、海外で高い評価を受けているデザイナー、岡本光市さんのデザインによるもの。愛知県の常滑焼のものだとか。価格は5万2500円。

コケなどを植えて、ほんのり和テイストもよし、花を植えて花を楽しむもよし! 雨が待ち遠しくなる傘たてです!