インスタレーション作品のような、ゴミ袋を用いたイルミネーションが、人々にリサイクル意識を呼びかける。

Luzinterruptus-recycling-sunday2

ポーランドのワルシャワで、「Recycling Sunday」と呼ばれるプロジェクトが行われました。12時間、地域の広場を使用して行われたこのプロジェクト。一体何が行われたのかというと、1000個の色のついたビニール袋が、そのエリア内に散らばって配置され、そのビニール袋の中には電球が入れられました。それぞれのビニール袋が光を放って、イルミネーションのように光りを放ち、地域の人々の足を止めました。

Luzinterruptus-recycling-sunday3

ワルシャワではあまりリサイクルという考え方が日常的なものにはなっておらず、その地域に住む人々にリサイクルのことを意識してもらうことを目的として今回のプロジェクトが行われたそうです。

Luzinterruptus-recycling-sunday4

Recycling Sunday, Warsaw, Poland, recycling initiatives, Luzinterruptus

この場所を訪れた人々は、光るビニール袋を持ち帰ることができ、子供たちに風船のように与えたり、大人たちも壊れやすいアート作品を扱っているかのように運びました。

Luzinterruptus-recycling-sunday5

広告キャンペーンとはまた違った方法で、人々にリサイクルの意識を持たせることができ、その地域に住む人々のコミュニケーションのきっかけにもなっている「Recycling Sunday」。人々を魅了しながらも、大切なメッセージを伝えていく、表現として大変素晴らしいものだと思います。

Recycling Sunday from Gustavo Sanabria on Vimeo.

+ Luzinterruptus

(via Inhabitat