ISSUE

6 years ago - 2009.12.17

SHARES  

貧困に苦しむ子どもたちにクリスマスケーキをおすそ分けするプロジェクト

greenz/グリーンズ Love Cake Project

「ちょっと、クリスマスケーキをつまみ食いしたの誰よ!?」
思わずそんな風に言いたくなるような、一人分が欠けたこのクリスマスケーキは「LOVE CAKE PROJECT」から生まれたケーキ。

greenz/グリーンズ Love Cake Project

LOVE CAKE PROJECTとは、一人分足りないホールケーキを販売し、欠けている一人分のケーキの金額を、食糧不足に苦しむ子ども達に寄付するというもの。美味しいものを食べると、これを誰かにも食べてみて欲しいと思うことがある。その気持ちそのままに、実際のケーキを一切れあげる代わりに、一切れ分の寄付をするというアイデアで、それがケーキのデザインにも反映されているのだ。

ケーキを作っているのは、プロジェクトの趣旨に賛同している以下のパティシエ有志。超有名店のパティシエがズラリと名を連ねている。

  • オーボンヴュータン パティシエ 河田 勝彦
  • クール・オン・フルール パティシエ 奥田 勝
  • シェ・松尾 パティシエ 三嵜 栄治
  • パティスリー アレグレス広尾 パティシエ 塩谷 茂樹
  • パティスリー デ・フェール パティシエ 高橋 勝彌
  • ロワゾー・ド・リヨン パティシエ 加登 学
  • cafe ano(カフェ ano) パティシエ ユーリ・プラッツィニ

一流パティシエ達が作ったケーキだけあって、どれも本当に美味しそうで目がハートになってしまう。ケーキの購入を検討されている方は、ケーキの金額やお店情報など詳細はこちらのページをどうぞ。予約期限が迫っているのでお早めに。

このLOVE CAKE PROJECTは、貧困・災害・紛争などで苦しむ子ども達を支援する国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」によるプロジェクト。

世界では、6秒に1人の子どもが貧困が原因で命を落としているそう。美味しいケーキどころか、毎日の食事すらろくに食べられずに亡くなっていく子どもはまだまだ多い。今年のクリスマスはサンタクロースになった気分で、貧困に苦しむ子ども達にケーキを一切れプレゼントしてみるのもいいかもしれない。

LOVE CAKE PROJECTに参加しているお店とラブケーキ

writer ライターリスト

的野 裕子

的野裕子(Yuko MATONO)。福岡生まれ。大学入学をきっかけに東京に住み、数年前に福岡に戻る。サイトデザイン、コンテンツプランニング、サイトマネージメントなど、WEBサイトに関わる仕事を生業にしてきた。理に適っているデザインが好き。ユーモアのあるデザインも好き。そういう心あるデザインの良さをもっと人に伝えていきたくて、次第にWEBサイトで文章を書き、情報を配信することが中心となる。2006年にアシュタンガヨガを始めてからは、生活のあらゆる場面でのチョイスが、シンプルで無理と無駄のないものとなってきた。荷物は軽く、心も軽く、ヨガを通じて旅を続ける毎日。

AD

infoグリーンズからのお知らせ