ISSUE

8 years ago - 2008.02.22

SHARES  

この動きをご覧あれ!風力だけで動く不思議なロボット「Strandbeest(スタンドビースト)」

greenz.jp/グリーンズ アニマルス・ベルセビエーレ
Creative Commons. Some Rights Reserved. Photo by megat

風力だけで動くロボット「Strandbeest(スタンドビースト)」が、科学者から転身したオランダの芸術家、テオ・ヤンセン氏によって作られている。

この見かけ、一見不思議な地球外生命体のようだが、実は風力だけで動くロボット。「アニマルス・リノセロス・トランスポート」「アニマルス・ペルセピエーレ」と、名前を変えながら、少しずつ進化していっている。砂浜の強い風だけを動力源にして動き回る、プラスチックと紐、ゴム、ペットボトルなどを材料にして生まれたものだ。作ったのはテオ・ヤンセン氏。突風の際には、自らを防御する姿勢までとる「生物」もいるという。
なんとも表現しがたい絶妙な動きを見たい方ははこちらの動画をご覧あれ。

このテオ氏。自身が作った複数のロボットを、実験のために砂浜で競争させたこともあるのだとか。うーん、これも見てみたい!

writer ライターリスト

山本 ペロ

山本ペロ(Pero YAMAMOTO)。エディター&ライター/小さな集まり屋。編集プロダクションやIT出版社で経験を積んだ後、フリーとして活動しながら、複数の環境団体のボランティアを経験。そこから来る「違和感」から、エコについて人とは違う切り口を模索しているうちに、立ち上げ直後のgreenzに出会う。 2007年は日本のエコビレッジ的な場所をめぐり、援農も経験してとっても楽しかった! 現在は、原宿の期間限定スペース、lounge greenzの運営も行っている。オモロイベントやってます。 今伝えたいのは、人の本当の生命力を呼び起こすこと、「つくる人」を応援すること。そのふたつが叶えられれば、自然と持続可能な世界は広がると確信し、日々イベントに編集に飛び回ります。写真は、またぎに連れられた山で撮影。

AD

infoグリーンズからのお知らせ