EVENT

3 years ago - 2013.07.04

- 2013.08.03

SHARES  

【イベント】8/3-4 Design for Social Innovation
ークラウドファンディングを始める2日間ー at京都

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。



kyoyo

2013年8月3日(土)〜4日(日)に京都にて、「Design for Social Innovation—クラウドファンディングを始める2日間—」を開催します。自らの想いをプロジェクトとしてスタートするための2日間です。また、2日間のワークショップを通じて互いのアクションをサポートし合い協力し合うコミュニティを生み出していきます。

ミラツクでは、2011年5月からArt of Social Innovationというタイトルで、3日間の合宿型ワークショップを開催してきました。Art of Social Innovationでは、毎回全国から50名の社会的な活動に取り組む10-30代が集まり、次世代を担うリーダーの育成とコミュニティづくりに取り組んでいます。2011年から2013年3月までの2年間に、のべ450人が全国から参加しました。
(→Art of Social Innovationの様子はこちら

2013年は、Art of Social Innovationからさらに一歩進んで”手にしたい未来を、自ら生み出し共に歩み始める”をテーマにした、2日間のDesign for Social Innovationと呼ぶワークショップを開催します。

Design for Social Innovationは、一人一人の手にしたい未来をプロジェクトという形に昇華し、クラウドファンディングでの発進と発信を1つの目標に、世の中に具体的なインパクトを生み出す取り組みを見出していくための2日間です。

また、ミラツクがパートナーシップを組む日本最大規模のクラウドファンディングサイトREADYFOR?への掲載をスタートに、実際にプロジェクトを進めていくための実践的な取り組みに参加していただけます。

なお、同時に、NPO法人ミラツクでは学生インターンを募集しています(スタートの時期は各自)。インターン生はDesign for Social Innovationにも参加してもらいながら約1年間を共に歩み、共に学び、またそれぞれのプロジェクトを立ち上げサポートするためのプログラムです。インターンの募集に関する詳細は「こちら」をご覧下さい。

「Design for Social Innovationークラウドファンディングを始める2日間ー(at京都)」

日時:
第1回:8月3日(土) 10:00スタート、8月4日(日)16:00終了(予定)
1日目:10:00~18:00
2日目 :10:00~16:00
※今回のワークショップは宿泊の無い”通い”になります

会場:株式会社ウエダ本社南ビルBF1 Jimukino-Ueda bldg [MAP]
(地下鉄「五条駅」より徒歩5分)

定員:25名(申込み順にて受け付け、定員になり次第締め切ります)
対象:
【今回の2日間は、プロジェクトorプロジェクトの種を持った方が対象です】
特に、
・社会的な活動に取り組むNPOリーダー/プロジェクトリーダー/その他
・東北で復興支援に取り組むNPOリーダー/プロジェクトリーダー/その他
・地域で地域再生に取り組むNPOリーダー/プロジェクトリーダー/その他
・企業で働きながら社会的なプロジェクトに取り組む/関心がある方
・社会を動かす新しい変化に興味がある学生/プロジェクトに取り組む学生
・新しい生活、暮らしに関心があるお母さん&お父さん(子連れで参加できます)
・社会的な活動に取り組む/関心があるデザイナー、建築家、その他フリーランス
で、クラウドファンディングへの掲載を視野にプロジェクトのスタートを切りたいと考えている方におすすめです。

プロジェクトのポイント
1:まず、応援したくなる(共感できるプロジェクトか)
2:そして、実行力がある(お金を集めたら必ず実行できるか)
3:さらに、社会的、地域的ニーズがあり、インパクトがある(誰にどんな意味があるか)

申し込み:下記のフォームより申込みをお願いします
http://bit.ly/17FhSTH

参加費
一般参加:20,000円/人
奨学金枠:参加費無料(詳細は下記をご覧下さい)

奨学金枠について
奨学金枠は、READYFOR?を通じたサポーターの方々のご協力で設置されました。
https://readyfor.jp/projects/miratuku
本ワークショップでは、10名程度を対象に奨学金による参加枠を設けています。奨学金枠に応募される方は、下記の条件を満たしていることを確認の上、お申し込み下さい。

【募集期限】
7月15日(18:00)

【奨学金の応募要項】
・35歳未満の方
・年収300万円未満もしくは主婦/主夫など収入が限られる方
奨学金枠への申し込み


■プログラム概要
2日間のプログラムはそれぞれのプロジェクトを中心に対話と共に進めていきます。ダイアログ、ストーリーテリング、個人の時間、と共に参加者同士で協力し、プロジェクトの原点や他の人に伝えるためのポイントを整理していきます。
2日間を通じて、集まった参加者1人1人が互いに協力者となり、プロジェクトのスタートに向けて互いに取り組みをサポートするためのコミュニティを生み出していきます。2日間のワークショップ単独ではなく、より中長期的な関わりを持ってプロジェクトの実行をサポートしていくのが「Design for Social Innovation」の特徴です。


■Hostingチームの紹介
西村勇哉(にしむら ゆうや)
NPO法人ミラツク代表理事 
http://emerging-future.org/
大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材育成企業、財団法人日本生産性本部を経て、NPO法人ミラツクを設立。 2008年から始めたダイアログBarの取り組みには2年半で1500人が参加。2011年5月から次世代を担うユースリーダーの育成を目指す”Art of Social Innovation”の 取り組みを開始。
また、社会事業家、NPOリーダー、社会的なプロジェクトリーダーをNPOメンバーに招き、互いにサポートし合うコミュニティを形成。 全国各地で、次世代を担う社会的なリーダー&イノベーターの育成とセクターを超えた協力を生み出すためのマルチステークホルダーの対話の場づくりに取り組む。


主催:NPO法人ミラツク、協力:株式会社ウエダ本社
協力:京都市ソーシャルビジネス実行委員会
後援:ASTEM(京都高等技術研究所)

イベント一覧イベント一覧

AD

infoグリーンズからのお知らせ