10/26(火)開催!グリーンズジョブの合同説明会

greenz people ロゴ

「私のキャリア、地方でどういきる?」を考える旅。滋賀のくらしと仕事を体験する「しがレポ」、今年も開催! #仲間募集

グリーンズ求人ではボリュームたっぷりの求人記事だけでなく、おすすめの活動の仲間募集を「この指とまれ!」の温度感で紹介する記事もお届けしています。

今回ご紹介するのは、一昨年昨年の記事でも紹介した「しがレポ」 。滋賀県に短期間滞在し、「くらし」と「仕事」を体験することができるプログラムです。

今年も開催予定の「しがレポ」は、単に地域の魅力を知るプログラムではなく、「都市でのキャリアと、地方でのキャリアの接点」が見つかるプログラムだそう。「地方移住に興味はあるけど、これまでのスキルや経験がいかせる仕事がないのでは…」と思っている方は、ぜひチェックしてみてほしい企画です!

今回の記事では、そんな「しがレポ」の内容や見どころについてご紹介します。

「しがレポ!」とは?

「しがレポ!」は、滋賀各地に1泊2日もしくは3泊4日滞在し、地域のコーディネーターの案内のもと、ガイドブックに載っていない地元の人との交流や、地元企業との接点を楽しむことができるプログラム。
昨年は、7つのプランに17組19人の方が参加しました。

さらに、参加者はそれぞれのプランの体験レポートを書くと、1日あたり6,000円が謝礼金として支給されます。(昨年の参加者のレポートはこちら

今年は、これまでの「高島」や「東近江」など単一エリアや滋賀の複数エリアご案内する3泊4日の長期プランなど、11のプランを実施予定だそうです。
(各プランの詳細は、「しがレポ」のページをご覧ください。)

都市でのキャリアと地域でのキャリアの接点が見つかる

都市から地方への移住を検討するうえで大きなネックになるのが、「都市で積み上げてきたキャリアが途切れてしまうのではないか」という心配ではないでしょうか。

その点、「しがレポ」の大きな特徴は、“都市でのキャリアと、地域でのキャリアの接点を見つけることができる”ということだと、「しがレポ」を運営する株式会社いろあわせのメンバー、才田敦士(さいだ・あつし)さんは語ります。

滋賀県出身の才田さんは、京都の上場企業に勤めたのち求人広告代理店に転職。その後上京してベンチャー企業で働いてから、再び人材業界に戻り、フリーランスとして独立した経験を持ちます。

都市でのキャリアを積んできた才田さんですが、現在は兵庫県西宮市に住みながら、滋賀への移住も視野に入れつつ、滋賀の発展に人材面から寄与すべく活動中だとのこと。

才田さん 僕自身、都市の企業でキャリアを積んできて、その経験やスキルが地方でいかせるかは不安があったんです。とくに家族がいることを考えると、「ちゃんと稼げる」ということは重要でした。

その点、僕は滋賀でたくさんの企業の方とお話をするうちに、「地方でも、都市でのキャリアとの接点は見つかる」と確信するようになりました。たしかに求人票は都市と比べて少ないかもしれませんが、「自分はこういうことができますよ」と自己PRができれば、仕事はつくっていけるんです。仕事を探すのではなく、自分で課題を見つけて、提案する、という発想の転換が重要ですね。

滋賀では才田さん以外にも、それまでデザイナーがいなかった会社に「自分なら課題が解決できますよ」と提案してデザイナーとして入社し、幅広い領域で活躍している人もいるそうです。

都市でのキャリアと、地域でのキャリアの接点を見つける。そのためには、ネット上や本で得られる情報だけでなく、実際に地域の人の話を聞き、「こういう課題を抱えていていて、自分のこういうスキルがいかせそうだな」ということを体感として感じることが有効です。

その点「しがレポ」は、地域の魅力を知るだけでなく、実際に地元企業の方のリアルな声を聞くことを通して課題を知り、自分のスキルや経験がどのようにいかせるのかを把握する機会になるはずです。

また、プログラム参加後も「しがレポ」の地域コーディネーターなどが、移住の相談や地域での住まい探しなどの相談にのることも可能だそう。プログラムで得られた関係性は、その後のキャリアを検討するうえで心強いものとなりそうです。

こんな方の参加、お待ちしてます!

そんな“ 都市でのキャリアと、地域でのキャリアの接点を見つける”機会を提供する「しがレポ」。具体的には、次のような参加者を想定しているそうです。

・滋賀への移住、または地方への移住を検討している方
・滋賀の観光地を巡るだけでなく、人や仕事に触れたい方
・滋賀に限らず、地方暮らしを楽しみたい方
・地方を訪れ、その魅力を発信し、伝えることに興味がある方
・本プランの内容に興味を持った方
※今回は、学生と50歳以上の方は対象外となります。

滋賀への移住を検討してるわけでなくとも、気軽に参加することができるそう。おひとりでも、夫婦や家族での参加も可能です。また上述のように、所定のレポートを提出すれば謝礼金が支給されます。

「移住」への解像度が上がるプログラム

地方への移住を検討している方の多くが、気になっている土地を旅してみる、というアクションをとるでしょう。ただ、観光スポットをめぐるだけでは、「どんな課題があるのか」「自分のどんなスキルがいかせるのか」「どんな仕事が生まれる可能性があるのか」といった情報は知ることができません。

だからこそ、それらの情報を知り、地域の人とのつながりをつくることができる「しがレポ」での経験は、かけがえのないものになるははずです。少しでも気になった方は、「しがレポ」に参加してみては?

– INFORMATION –

「しがレポ」は、グリーンズとの共催イベント以外にも、地方に就職・転職し移住した方の話を聞くことができる会を企画しています。独立・起業しなくても、いい移住先と出会う方法について知ることができます。ぜひご参加くださいね。

イベントの詳細・申し込み