ISSUE ☆日本と世界のソーシャルデザイン

4 years ago - 2012.09.11

SHARES  

「あなたを幸せにするものはなんですか?」ポストイット一枚から世界中に幸せを広げている「The Happy Post」

happy3

ニューヨークにあるユニオンスクエアのど真ん中に、ぽつんと立っている一人の男性。大きなホワイトボードを前後にぶらさげ、片手にはペンとポストイット。そして行き交う人々にこう問いかけました。
「What makes you happy? (あなたを幸せにするものはなんですか?)」

すると、多忙なニューヨーカーたちが足を止め、ポストイットを手に取ってくれたのです。こうして彼のぶら下げていたホワイトボードは、「アイスクリーム」「大っきな声で笑い合うこと」「友達」「夢」「あなたがいること」など、それぞれの“わたしを幸せにするもの”でいっぱいになりました。

今回は、「あなたを幸せにするものはなんですか?」というたった一つの問いかけとポストイット1枚から世界中に幸せを広げていく「The Happy Post Project」をご紹介します!

s_happy2

プロジェクトのはじまりは約2年前。共同発起人のマリオ・チャモロさんは、コロンビアから移民としてやってきて、コロンビア大学を卒業し、ウォール街の銀行で働く順風満帆人生でした。が、金融危機によって一気に逆転。職を失い、彼女とも別れ、ついにはガンであると診断が下ってしまいます。

しかし、悲しみに暮れるのではなく「どうやったらこの不幸な人生をなにか楽しく変えられるか?」と考え続けました。自分にとっての幸せは、みんなを幸せにすること。じゃあ、どうやったら幸せにできるんだろう?と辿り着いたのが「あなたを幸せにするものはなんですか?」というシンプルな問いでした。

“幸せを広げていく社会活動”として始まったこの「The Happy Post Project」は、人々の暮らしの中にある「わたしを幸せにするもの」をポストイットに書いてもらうだけ。場所を問わずポストイット1枚から始められる手軽さから、お祭り、学校、街頭など様々な場所で開催され、今や総数10,000枚以上、世界23カ国にも広がるムーブメントとなっています。

happy

集まったポストイットはインスタレーション作品としてアメリカ国内の各所で展示されたり、世界中のアーティスト参加するタイムズスクエアの巨大イベント「Art Takes」にも登場したりしました。

さらに、初海外進出はなんと日本!東日本大震災を受けて2011年7月、これまでに世界中で集められた7,000枚ものメッセージと、新たに集められた被災された方々を思いやり、支えるような温かいメッセージが、東京と東北にやってきました。展示は世界にはこんなに仲間が居るんだよ!と言っているようで、多くの人々を勇気づけてくれました。

他にも、ブータンで行なわれた国連の会議「Happiness: Towards a Holistic Approach to Development」にも出席!「spreading hapiness is key for social change(幸せを広げることは社会変革のカギになる)」を信念に、世界中を巻き込んで大きなムーブメントを巻き起こしているこの活動は、広く世界で認められています。

CHO(チーフ・ハピネス・オフィサー)として世界中に幸せを広めて来たチャモロさんはこう語っています。

誰しもが皆それぞれの幸せを持っていて、全く同じことなんてない。なにものにも代えがたい価値がある。幸せは伝染する。幸せは力を与える。だからこそ、幸せを広めることで世界を変えられると信じてるんだ。

happy_2

また最近では大きな挑戦が始まりました。チャモロさんのルーツでもあるコロンビアは、昨年だけでも450人以上の警官や兵士、一般市民も命を落とした激しい紛争が今まさに続いている国。そこで、銃や戦車ではなく、ポストイットとペン、そして人々の想いを武器に戦っています。

長く続く戦いに苦しんでいる地域に住む人々にも幸せを広げるため、つい先日、戦いで傷ついた兵士たちが収容されている病院で始めて行なわれました。大統領のJuan Manuel Santosからも是認され、コロンビアにも徐々に幸せの輪が広がっています。

このコロンビアでの活動は、今後設立される「The Happy Foundation」のパイロット版にもなっており、アーティストや起業家などの引導も加わってよりプロジェクトの影響が大きくなっていきそうです。これから他の紛争地域にも訪れる計画で、既にウガンダやガザより来てほしい!との声もあるのだとか。

まずは“わたしを幸せにするもの”をポストイットに書いてみよう。そして同じことを君の身の回りの人にも試してみて、友達でも恋人でも家族でも!そうすれば、どうしたら彼らを幸せにできるのか、そこへ辿り着く方法もわかるはずだよ。

とチャモロさん。「The Happy Post Project」に必要なものは、「あなたを幸せにするものはなんですか?」というたった一つのシンプルな問いとポストイットにペンだけ。早速、あなたのオフィスや学校で、身近なところからはじめてみませんか?

(Text:鳥居真樹)
[via GOOD]

The Happy Post projectについて調べてみよう。

writer ライターリスト

鳥居 真樹

鳥居真樹(Torii Maki) 1989年生まれ、埼玉育ち。武蔵大学4年。 ライター見習いとして修行しながら、ぐるぐる循環する畑にあるイノチの輪にときめく日々。東南アジア/東北を飛び回るうちに、農業に興味を持ち、1年間休学。ちいさな農村で過ごしたり、農家さんと野菜を売ってみたり、東京で畑をしてみたり。卒業後は、自然にも人にもちょうどいい農ある暮らしをしようと奔走中。 田舎暮らし/パーマカルチャー/旅/美味しいごはん/自然の中で遊ぶこと 【Twitter】 @making0909

AD

infoグリーンズからのお知らせ