ハダカでいることって素晴らしい!を提案する「World Naked Gardening Day」

World Naked Gardening day

World Naked Gardening day


みなさん、明日5月3日は何を隠そうWorld Naked Gardening Day!そう、「世界ハダカで庭いじりの日」です。

2005年からはじまり、今年で4回目を迎えるこの日は、ハダカというものに対する性的イメージを伴わない社会作りを目指している非営利団体Body Freedom Collaborativeが企画したもの。(上記画像は念のため「ぼかし」を入れてますが、本サイトはありのままの姿なのであしからず)

参加者は

目で自然を楽しむのではなく体中で自然を感じることができる。自然が与えてくれる感動を最もよく受け取れる方法だ。この素晴らしさは言葉であらわせない

ハダカでいるこが恥ずかしいのではない。そう思ってしまう考えや知恵による恐れが間違っているのだ。服を着ること自体がおかしいと思う。ハダカでいることはなんて素晴らしいことか!

もともと人間は服を着ていなかったし、服を着ないことによって自分が浄化されるんだ。しかも、自分の健康状態を把握できるようになる。それは、服というものを身にまとっていないからなんだ

と絶賛。現在、イギリス、ブラジル、デンマーク、オーストラリア、スペイン、カナダ、インド、アメリカなどの地域での活動が目撃されているそうだ。

Body Freedom Collaborativeでは他にも6月11日にWorld Naked Bike Rideを開催予定。こちらは「みんなでハダカで自転車に乗ろう!」というもの。テーマとしては車に乗らずに自転車に乗りましょう。ということのようだ。あとの説明は下記の動画で。

日本だったら公然わいせつ罪とかも言われそうだが、裸一環で自然の中にいることはとても気持ちのいいことのようにも思える。自宅に庭がある人だったら、やってみるのもいいかも!?