藤本遼さんによる書籍「場づくりという冒険」好評販売中!

greenz people ロゴ

5/6(日)「グリーンズのミドリ市」がGWの恵比寿ガーデンプレイスに今年も出現!

こんにちは!スタッフの正太郎です。

今年もゴールデンウィークが始まりましたね!みなさんはいかがお過ごしですか?

さて、昨年開催して好評だった企画「グリーンズのミドリ市」が、今年も恵比寿ガーデンプレイスに出現することになりました!

「greenz.jp」の寄付読者「greenz people」のみなさんが取り組むプロジェクトのアイテムが並ぶ一日限りのマーケットです!

恵比寿ガーデンプレイスでGWに開催されている「YEBISU NATURE FESTIVAL」のイチ企画と出店します。

まずは去年の様子をご覧ください!


会場は恵比寿ガーデンプレイスの時計広場です


去年はGRAYSKY Projectチョイスの器が並んだり


くらしきぬの冷え取りアパレルが並んだり


EVERY DENIMのジーンズが試着できたり


当日はトークショーもやります!


というわけで去年は楽しい出店となりました!

気になる今年のラインナップは?

出店が決定したプロジェクトと、それを手がけられているgreenz peopleのみなさんをご紹介します!

Nishitokyo CRAFT BASE

西東京市のものづくりカフェ&コミュニティスペース「Nishitokyo CRAFT BASE」。地域密着の工務店「コスガ工務店」の4代目である小菅亜実さんが始められた場所が、恵比寿に遠征してくれます!今回は静岡の山から切り出されたヒノキと杉を使用した、山と木と暮らしを繋ぐプロダクトを販売してくれるそうです。楽しみ。

小菅亜実さん
大学時代にカナダ、ビクトリアへ一年留学。帰国後に始まった終活に馴染めず早々にリタイアしフリーターとなる。東日本大震災後に人の暮らしに関わることができる家業を継ぎ、コスガ工務店4代目となる。まちの暮らしに寄り添った工務店を目標とし、豊かな「暮らし」の為に建築、工務店は何ができるのかをテーマにプロジェクトを企画、マネジメント。2016年10月2日に、ものづくりカフェ「Nishitokyo CRAFT BASE」を地元西東京市、東伏見にオープンさせる。木を使ったものづくりワークショップを中心にカフェ、ショップ、ギャラリーとして運営。今後はDIY賃貸住宅プロジェクトやまちの作業場のオープンなど、地域とものづくりの関係性向上を目指す。

鹿島パラダイス


写真引用:ambientdesigns

茨城県鹿嶋市で農産物の生産加工販売を営む「鹿島パラダイス」。農作物の販売にとどまらずクラフトビールや日本酒の製造販売も行っています。鹿島神宮参道にて「Paradise Beer Factory」という店舗も構えています。今回は彼らが手がける日本酒「パラダイ酒」を販売いただきます!原料には自家製の無肥料無農薬無堆肥、天日干しコシヒカリ100%使用。麹は天然の稲麹。試飲したら必ず買いたくなっちゃいますね!

蓜島一匡さん
東京都下町生まれ。合同会社 Amahoro 代表社員。水産商社、フードバンク、東北復興支援、農業ベンチャーを経て独立。国内外の社会的事業や生産者を訪ね歩いている。関心ごとは、食、農、貧困問題、ソーシャルファーム、コーチング、組織における人の意識変容あたり。自然栽培による素材作りから加工、飲食店、ビール醸造までを行う鹿嶋パラダイスに立ち上げから10年関わっている。主に、人さらい、営業、企画、草取りなどの雑用係を担っている。

和歌山 棚田を守ろう会

和歌山県の南端にある「色川」という人口400人に満たない郷から、無農薬の米とお茶が届きます!昔から自然農法、伝統農法を守り続けている棚田の美しい村です。生まれも育ちも東京である高野さんが、とあるきっかけで魅了され「勝手に観光大使」を名乗ってPR活動と、棚田の保全活動に取り組まれています。お話を聞けるのも楽しみです!

高野康さん
生まれも育ちも東京なのですが、とあるきっかけで、和歌山県に魅了されてしまいました。和歌山県の圧倒的な美しさの自然や気の遠くなるような長い年月をかけて培われてきた古くて新しい伝統・文化にInspireされ、“勝手に観光大使”と名乗って、勝手に広報、交流、地域支援活動をしています。100年後の日本のために、まだまだ知られていない地方の魅力の発信や昔からある日本の伝統や文化などの維持を継続可能な形で実現することがテーマです。目下の目標は、色川の美しい棚田に桜の木を植樹することで、50年後にも東京に住む自分たちの足跡を和歌山に住む住民に愛される形で実現するプロジェクトを開始しています。

椎茸祭

椎茸をもとにしたビーガンの人でも飲める菜食だしをつくり、おだしのうまみを世界に分けへだてなく広め、世界平和の一助になるというミッションを掲げている企業「椎茸祭」も出店してくれます。当日はおだしの販売だけでなく、自宅でできる椎茸栽培キットも販売あるそうです!

中圓尾岳大さん
大学を休学してNPOグリーンズや100BANCHの運営に関わりながら、コーヒーかすを使ったきのこ栽培に興じていたところ、株式会社椎茸祭に出会い、2018年4月にジョイン。

どうでしょうか。4組とも素敵なプロジェクトをされている「greenz people」ばかりです。それぞれのプロジェクトとのトークセッションも行いますので、気になる方は、ぜひ会場で直接お話いただければと思います!それでは、5月5日は恵比寿ガーデンプレイスでお待ちしております◎

【出店スケジュール】

5/6(日) 12:00~17:00

【トークセッション】

12:30 和歌山 棚田を守ろう会
13:30 椎茸祭
15:00 Nishitokyo CRAFT BASE
16:00 鹿島パラダイス

※場所はセンター広場にて、各回30分です。

【会場】

恵比寿ガーデンプレイス 時計広場

【アクセス】

〒150-6018 東京都渋谷区恵比寿4-20

・電車でお越しの場合
JR恵比寿駅東口スカイウォークより直通徒歩5分
または日比谷線恵比寿駅から徒歩10分

・車でお越しの場合
サッポロビール本社前、記念館横に
地下駐車場の入り口があります。