創刊から14年。より多くの仲間と社会づくりをするために「いかしあうつながり宣言」をしました

greenz people ロゴ

「大名って、クラフトビールが美味しいまちだよね?」と言われることを目指して。 本場・ポートランドとのコラボ生産による缶ビールを販売開始した「FUKUOKA CRAFT」

天神・大名の中心で作られるクラフトビール

九州経済の中心「天神」の中でも、数十年にわたり、若者が集まる街として人気の「大名」。福岡の「原宿」とも呼ばれる大名には多くの飲食店が並び、九州で最も人気の街の一つです。

その大名で、よくあるクラフトビールのバーのように見えて、ビールの本格醸造所を併設するのがブリューパブ「FUKUOKA CRAFT」です。

ブリューパブ(BREW PUB)とは、小規模設備のビール工場と、 そこで醸造したビールを提供する飲食店を指します。日本には、まだまだ数えるほどしかブリューパブはありません。その理由として、日本の法律では自宅でのホームブルーイングができないことや、酒造免許の取得・高額な設備投資や原料の調達など、あまりにも高いハードルが待ち構えているためと言われます。

その高いハードルを超え、2017年からオリジナルビールの生産をスタートしたFUKUOKA CRAFTには、いまでは世界中からクラフトビールファンが訪れています。

流行は小規模DIY醸造所から生まれた

世界中でブームを呼んでいるクラフトビールは、大手ビールメーカーに対抗して、DIYで小規模ながら個性的なビールを製造する様々なメーカーの活躍によるものです。しかし、小規模ゆえに大量生産のキャパシティがないなど、起動に乗ったあとも様々な問題が立ちはだかると言われています。

人気ゆえの課題にぶつかる

店舗併設の醸造所には6つのタンクがありますが、1か月に2,000リットルしか造ることができないと言います。オリジナルのクラフトビールが人気になる一方で、自店舗以外での取り扱いも増え、来店されたお客さんからは、缶ビールとしての発売を求める声も高まります。

FUKUOKA CRAFTを支えるのが、アメリカ出身の醸造職人(ブルワー)デビッド・ビクターさん。「個性が出しやすく、奥が深い」というビールの世界に魅せられて、チャンジと品質の維持に目を光らせています。

ニーズに応えようと検討した結果、他の醸造所の協力を得て缶ビール発売プロジェクトを進める決断をします。

さらに、近場の醸造所に頼るのではなく、クラフトビールの本場アメリカ「ポートランド」の醸造所に協力を得ようと考えたのです。

コラボを通して本場のノウハウを持ち帰る

スポーツメーカーのナイキや、アウトドアブランドのコロンビアの創業の地としても知られるポートランドですが、クラフトビールの聖地としても知られており、DIYスピリッツあふれる大小様々な醸造所が活躍しています。

今回のコラボレーションはFUKUOKA CRAFTのオリジナルレシピをポートランドの醸造所に持ち込み、生産(醸造)とパッケージングするというものです。これにより、自社のキャパシティを超えた生産が可能になるほか、FUKUOKA CRAFTのビクターさんが、コラボパートナーのLABrewatoryに訪問し、クラフトビールに関する更なるノウハウを得るというものです。

日本ではクラフトビールを「地ビール」と呼ばれることもあり、「ローカル」に限定した活動のように語られますが、海外とのコラボレーションを図ったこと、また前例にこだわりすぎない柔軟な発想が注目を集めています。地域にこだわらず、自身のコミュニティを有効に活用して事業を進めています。

福岡ってクラフトビールが美味しい街だよね

ビクターさんも、日本で本格ビールブルワリーでビールを作るのは初めての経験で、業務用の大型タンクを輸入するところから手探りと失敗の連続で苦労をしてきまといいます。いまでは毎日世界中から、フクオカクラフトを楽しみに来店されます。

オンリーワンの強みもあるかもしれないけれど、
それは一瞬だけ

ビクターさんは

ここに至るまでのノウハウはどんどん伝えていきたい。

と語ります。

大量生産の強みを持つパートナーに、ポートランドの醸造所を選択しましたが、得られたノウハウはビール職人を目指す方や地元の同業者にも伝えていきたいと言います。

福岡で1店舗だけでがんばるオンリーワンの強みもあるかもしれないけれど、それは一瞬だけ。長い目で見ると、福岡の街にクラフトビールの文化が根づき広がっていた方が絶対にいいと思っています

クラフトビールを通して、街をあげて盛り上げていくキッカケになろうとするビクターさんとFUKUOKA CRAFTの缶ビール発売を記念した、先行販売募集クラウドファンディングがスタートしています。アメリカ出身の職人が、母国アメリカとのコラボレーションを企画し、日本国内のクラウドファンディングがサポートする、国境を超えた試みとなります。

地元福岡から、世界的に人気のクラフトビールブランドが生まれたら…

そんな期待に応えてくれそうなプロジェクトはこちらから

(Text: 鳥谷明弘)

– INFORMATION –

FUKUOKA CRAFT

住所:福岡市中央区大名1-11-4
電話:092-791-1494
時間:17:00〜翌2:00(土日祝は15:00〜)
定休:無休
http://fukuokacraft.elborracho.com/
『Fukuoka Craft Brewery』
https://www.instagram.com/fukuoka_craft_brewery/

鳥谷明弘
福岡在住、1979年佐賀県生まれ。
ECサイトの運営・構築。WEBマーケ、アパレルECの会社を経営しています。https://twitter.com/toriya55
この記事はグリーンズで発信したい思いがある方々からのご寄稿を、そのままの内容で掲載しています。寄稿にご興味のある方は、こちらをご覧ください。