読者のみなさんにお願いです。greenz.jpを寄付でサポートいただけませんか?

greenz people ロゴ

駅でいきなり「よーいドン!」アシックスがしかけるストリートキャンペーンで人々が笑顔に

60foot

マンハッタンのコロンブスサークル地下鉄駅の壁に、60フート(約20メートル)の映像が流れる壁が出現しました。ニューヨーク市のマラソン大会のプロモーションとして、アシックスがつくり出したこの壁は、マラソンのオリンピック選手、Ryan Hallの走る速度と競争することができるようになっています。

この技術自体はそんなに新しいものではありません。ですが、この映像からは”未来”が感じられます。それは、以前であればニューヨークの地下鉄で男性が二人走っているような光景を見かけたなら、それは前を走る男性が、後ろを走る男性の財布をスッて、逃げている光景なのが当たり前でした。

それがこの映像のように街中にみんなで競争するようなゲーム的な要素をもたせ、楽しい空間としていくことは、ニューヨークという街がより暮らしやすい街となっていくことを予感させてくれます。

(via core77