7月16日、greenz.jpのタグラインは「いかしあうつながり」に変わりました。

greenz people ロゴ

エドワード・ノートンのファンドレイジングサイト「Crowdrise」が日本の被災地に向け募金活動を実施中!

greenz/グリーンズcrowdrise_4_japan

2010年、ハリウッド俳優のエドワード・ノートン(Edward Harrison Norton)らによって立ち上げられたウェブサイト「Crowdrise」は、社会貢献活動を行う団体やグループのためのファンドレイジング系オンラインプラットフォーム。現在、このプラットフォームでは、東北地方太平洋沖地震の被災地に向けた募金キャンペーンが実施されています。

このプラットフォームでは、募金キャンペーンに関して、次のように呼びかけています。

いまこそ、Crowdriseの出番だ。
日本のみんなが、ひどい災害の只中にいる。
被災地を救済・支援するプロジェクトを次から選んで、寄付しよう。自分がファンドレイザーになったっていい。
参加しよう。そして、友達を参加させよう。これが、CrowdriseのCrowdriseたるゆえんなのだから。

この募金キャンペーンサイトでは、社会貢献活動のために資金を募るファンドレイザーが一覧で表示。リンクをクリックすれば、各ファンドレイジングの目的や背景などを別ページでチェックできます。

greenz/グリーンズcrowdrise_4_japan2

応援したい活動が見つかったら、右の「DONATE」ボタンをクリック。また、「DONATE」ページ(以下画像参照)でも、ファンドレイザーがプルダウンで選択できるようになっているので、自分の募金をどの活動に充てるのか、選ぶことができます。

greenz/グリーンズcrowdrise_4_japan3

この募金キャンペーンでは、2011年3月21日現在、40,000米ドル(約323万円)という当初の目標額をはるかにクリアし、89,894米ドル(約727万円)の募金が集まっています。世界中の人々が日本の被災地を思い、行動している ―。彼らひとりひとりのアクションが、私たちを励まし、勇気付けてくれているように感じられます。

私たちも、いまの思いを、アクションで示していきましょう。どんな小さなことでもいいのですから。