\いまだけ入会特典/ People’s Books バックナンバープレゼント

greenz people ロゴ

「金はない。でもアイデアはある。」そんなソーシャルな若者に助成金を贈るコンペ「E-idea コンペティション」

greenz/グリーンズ E-ideaコンペティション

ブリティッシュ・カウンシルが、日本の若いエコ社会起業家たちを応援するために「E-idea コンペティション」を開催している。ごみ、水、運送/交通、エネルギー、サステナブルデザイン、いずれかに関する現実的なソリューションを持った「いいアイデア(E-idea)」を募集しているのだ。

応募資格は、日本の18〜35歳までの学生や社会人で、サステナブルな社会を目指し、日本の未来環境に実質的な貢献ができるプロジェクトであること。基本的には新規プロジェクトが対象だが、既存のプロジェクトでも新しいアイデア実現のためであれば対象となるようなので、すでに活動中でもご安心を。

写真:小長谷瑞木

写真:小長谷瑞木

助成金は、1位80万円(2プロジェクト)、2位60万円(3プロジェクト)、3位40万円(4プロジェクト)がそれぞれ提供される。しかも受賞者は、ブリティッシュ・カウンシルの「気候リーダー」となり、海外での研修やイベントにも参加することができる。同じような志を持った海外の若手社会起業家たちと、膝を突き合わせて話ができるなんて、相当刺激的で貴重な体験になりそう。ここでもまた新しいE-ideaが生まれたりして!

そもそも「なぜブリティッシュ・カウンシル(BC)がこんなコンペを…?」と疑問に思った人もいるだろう。BCと言えば、イギリス留学や文化交流の関連機関というイメージが強いかもしれないが、日本とイギリスの架け橋になっているだけでなく、世界中の若者が持続可能な未来の社会で活躍できるような支援も続けている。その一環として、国際的なネットワーク「気候変動プロジェクト」を立ち上げ、気候変動に関する問題を積極的に解決しようとする若者(気候リーダー)に機会提供をしたり、このようなコンペで援助したりしているのだ。

greenz/グリーンズ E-ideaコンペティション

2009年の気候リーダー研修に日本から参加したのは、環境NGO「エコリーグ」の福島宏希さん。研修後は助成金を使って「Campus Climate Challenge (CCC)」を立ち上げた。CCCは、大学のキャンパスを大きな実験室と考え、社会に率先して新しいシステムや技術を導入し、持続可能なキャンパス作りを目指すというもの。同年9月には、100以上の大学に対してアンケートを行い、エコ大学ランキングを発表した。

ソーシャルな若者のグッドアクションといえば、greenzでも今までにいくつか紹介してきた。箱根駅伝と同じコースをゴミを拾いながら走る「もう一つの箱根駅伝や、1つのデザインのワンピースを1年間オシャレに着回す「Uniform Projectなど、どちらも若者ならではの勢いあるアクションやユニークな発想が楽しい。

いつの時代も若者といえば、お金はなくても、夢や希望やワクワクするようなアイデアだけは持っているもの。まだ誰にも言ってないけど “これは” というアイデアを温めている人、サステナブルな活動をしているのに資金が無くて活動自体がサステナブルじゃなくなりそうな人、そんな人にはぜひ応募して欲しい。

詳細をもっと知りたいという人は、2010年3月8日(月)に説明相談会もありますよ。


btn_submit_bc


「E-idea コンペティション」

■対象
日本国籍を有する18歳から35歳までの学生および社会人

■対象分野
ごみ(減量/効率)、水(利用効率)、運送/交通、エネルギー、サステナブルデザイン

■助成金
1等 2プロジェクト (各80万円)
2等 3プロジェクト (各60万円)
3等 4プロジェクト (各40万円)

助成金受賞者は、同時にブリティッシュ・カウンシルのグローバルネットワークの一員(気候リーダー)となり ます。プロジェクトマネジメントやリーダーシップスキルの研修、ネットワーキングイベント、他国との経験共 有、各国の指導者との意見交換などへの参加が可能となります。

■審査基準

  • 都市の課題(ごみ、水、交通、エネルギー、サステナブルデザイン)に取り組むプロジェクト案である。
  • ターゲットオーディエンスの行動に変化をもたらすための明確かつ現実的な計画があり、具体的な結果が測れるプロジェクト案である。この助成金は研究を目的としたプロジェクトや、考えの変化、情報へのアクセスなど効果が漠然としているプロジェクト案は対象としていません。
  • プロジェクトのターゲットオーディエンスが明確である(地域団体や学校、プロフェッショナルな分野、カルチャーコミュニティーなど特定の団体が対象である)
  • 持続可能なプロジェクトデザインである(再現や拡大、資金や物的な支援の調達が可能である)
  • すでに立ち動いているプロジェクトではなく、新しいプロジェクト案である。ただし、すでに存在するプロジェクトでも、新たな側面を企画するものは対象です。

■応募方法
下記、E-ideaコンペティション詳細ページをご確認ください。
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-science-climate-change-e-idea-competition.htm

■応募締切
2010年 3月31日(水) 必着

■お問い合わせ & 応募先
〒162-0825 東京都新宿神楽坂1-2 ブリティッシュ・カウンシル「E-idea係」
TEL:03-3235-1896 FAX:03-3235-8040

「E-ideaコンペティション」およびブリティッシュ・カウンシルの「気候リーダー」は、LRQA(ロイド レジスター クオリティアシュアランス )ジャパンがサポートしています。
LRQA [ http://www.lrqa.or.jp/ ]

ブリティッシュ・カウンシル「E-idea コンペティション」