1/18(木) green drinks Tokyo 「これからの学校は、地域でつくる。」

greenz people ロゴ

お金より信頼!信頼資本財団って一体どんな団体?

信頼資本財団HPより

信頼資本財団HPより

「資本はお金ではなく信頼である」
信頼が資本になる?こんな夢みたいな言葉を堂々と掲げる、全く新しいカタチの財団が登場した。その名も「信頼資本財団」。理事長は、greenz.jpでも以前から注目していた持続可能社会の実現に貢献するアミタ株式会社代表取締役社長の熊野英介氏だ。名前からしてかなりインパクトのある財団だが、一体どんな活動を展開しているのだろうか?

信頼資本財団は、2009年の1月に一般財団法人として設立した、まだ比較的新しい財団だ。財団の事業は大きく分けると融資事業、信頼資本蓄積事業、社会デザイン事業、社会企業家育成事業の4つ。この冬から開始予定の融資事業は、マイクロクレジットの手法を用い、社会的な活動を行う社会起業家に対して無利子・無担保で融資を行うというもの。融資を受けた起業家達は、利子の代わりに彼らの社会的事業に関するビジネスモデルや人的ネットワークを財団のデータベースに登録する。そのデータベースを公開することによって、蓄積された信頼資本を誰でも活用することができるという仕組みだ。こうして、高い志はあるが資本や知識がネックとなって動けなくなっている社会起業家達の背中を押し、自立を支援していくのだ。

現在具体的に取り組んでいるのは、全国の社会起業家達や彼らを支援する人々を繋げる場「社会起業家マップ」や、信頼創出イベントの開催などだ。イベントは各回のテーマに沿ったゲストを招きトークセッションを行うというもので、WEB中継を通してオンライン参加することも可能だという。過去のイベントを見てみると興味深いテーマがいくつもあったので、興味がある人はぜひとも覗いてみて欲しい。

私たちに物質的な豊かさを与えてくれた金融資本主義だが、世界的な金融危機を受けて、人々はお金やモノではない”本当に価値あるもの”を探し始めた。この財団は、その”価値あるもの”を「信頼」という人間の関係性へとシフトしていけないかと訴えている。「信頼」という見ることも触ることのできない価値をベースに、良質な人間関係資本制度を創りたいと言うのだ。

お金に振り回されるのではなく人と人との「信頼」が世の中を動かしていくという未来が、彼らが目指す世界。これを実現することが出来たらどんなに素敵だろうか。この財団と、巣立っていく社会起業家達に大きな夢を託して、これからも今後の活動を見守っていきたい。