EVENT☆連載 MAD "Life" Gallery

3 years ago - 2013.08.21

- 2013.08.29

SHARES  

【イベント:グリーンズ主催】8/29(木)スローコーヒー小澤陽祐さんの「ちょっとすごい焙煎屋」(おいしいコーヒーの淹れ方講座付)

coffee

こんにちは、greenz.jp副編集長の小野です。

グリーンズは今年7月、生きるように働く人のための求人サイト「日本仕事百貨」と、虎ノ門に仮想都市「リトルトーキョー」をプレオープンさせました。(本オープンは10月を予定)僕たちもオフィスを虎ノ門に移し、毎晩のように様々なゲストをお招きしたトークライブを開催中です。

これからの働き方を実践されているナリワイの伊藤洋志さんはその著書『ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方』のなかで、“大正時代に3万5千種類ほどあった職業の数が、いまでは2,000種類ほどにまで減ってしまった” ことに触れられていました。裏を返すと、それは働き方の画一化が進んできた事実を表していて、それゆえ居場所のない感覚や、働きづらさを感じるひとが増えているのも無理がないのではないかと感じます。さらに、職業の合理化は、「若いパパやママが社会に大切にされない」「定年を迎えたお父さんの活躍する場所が地域のなかにない」「性的にマイノリティな友だちが様々な場面で困っている」など、“一見すると小さく見えてしまうニーズには目をつぶる” ことを助長させてしまったような気もしています。

僕たちが運営する「リトルトーキョー」には、“もう一つの肩書きが持てる街” というコンセプトがあります。“市民” になれば、誰でも、自由に肩書きを持つことができます。でもそれは、誰も聞いたことのないような職業をゼロからつくりましょうという呼びかけではないと、僕は考えています。むしろ、いまの暮らしを支え、あるいは生活を豊かにしてくれている、当たり前にある職業に、自分らしい “枕言葉” を付与してみる試みなのではないかと思います。例えば、「高齢化が止まらない町内会に、跡継ぎ候補を見つけてくる不動産屋さん」や「素人だからこそ目を向けられる小規模な発電システムの普及に努める電気屋さん」や「町のスキマに光を当てるために、あえて移動販売のみで運営するケーキ屋さん」といった具合に。僕自身は、「友だちとの会話を楽しむために料理しているので、材料費以上の代金はもらわない料理人」になりたいと思っています。

と、前置きが長くなりましたが、今回お話を伺うスローコーヒーの小澤陽祐さんは「ちょっとすごい(コーヒーの)焙煎屋さん」です。どこがすごいのか、気になりませんか?

ozawa3

小澤さんは、オーガニックなコーヒー豆をフェアトレードで輸入し、焙煎して販売する焙煎屋さんで、松戸(八柱)には直営のカフェも展開されています。それだけでなく、greenz.jpではもうお馴染みの松戸のまちづくりプロジェクトMAD Cityとも様々なコラボレーションを行ったり、greenz.jpが月に1度、東京で開催しているgreen drinks Tokyoの松戸版、green drinks Matsudoのオーガナイザーを務めたり、さらにはラッパーとしての一面も持っている方なのです。(詳しくは、『SlowCoffee 小澤陽祐さんに聞いた「フェアトレード珈琲屋がラップをはじめた理由」とは?』を!)

そんな小澤さんをお招きし、今までどんな道のりを歩んで来られたのか、「ちょっとすごい」とはどこがすごいのか、街のなかでの焙煎屋の役割や今後の展望など伺ってみたいと思っています。さらに、簡単な「おいしいコーヒーの淹れ方」もあわせて行う予定です。見所満載のイベントになりそうですので、ぜひ遊びにお越しいただけると嬉しいです。お待ちしています!


btn_submit

グリーンズのイベントでは事前決済をお願いしています

イベント概要

日時

2013年8月29日(木)19:30 〜 22:00(19:00開場)

定員

15名

ゲスト

小澤陽祐さん(スローコーヒー)

1976年松戸生まれ。有限会社スロー代表取締役、コーヒー焙煎技師。ナマケモノ倶楽部共同代表。99年よりスロームーブメントに関わる。00年7月、スロービジネス第1号として、20代男子3名でスロー社を設立。20代の起業ならではの紆余曲折を経ながらも、【オーガニック】【フェアトレード】のコーヒー豆のみを【自社焙煎】することに特化し、スローながらも着々と卸先・顧客をふやしている。09年10月に、直営のスローコーヒー八柱店をオープン。『コーヒーに恋をして!』が決めゼリフ。ファーストではない、スローなコーヒーのあるライフスタイルを提案中。

http://www.slowslowslow.com/

※聞き手は、グリーンズの小野とシゴトヒトの吉尾がつとめます。

会場

リトルトーキョー
東京都港区愛宕1-2-1
地下鉄銀座線「虎ノ門」駅徒歩5分、日比谷線「神谷町」駅徒歩5分


大きな地図で見る

参加費

以下の参加方法から選んでください。
・2,000円(1ドリンク&焼菓子)
・2,900円(1ドリンク&焼菓子+『ソーシャルデザイン』
・2,900円(1ドリンク&焼菓子+『日本をソーシャルデザインする』
・3,800円(1ドリンク&焼菓子+上記2冊)
※ 参加費とのセットで購入すると、書籍が10%OFFです
※ 書籍の郵送は原則として行っておりません。
 必ず会場でお受け取りいただけますようご協力お願いいたします。
※ 事前決済をお願いしています。


参加方法

下記「申し込む」ボタンから、申し込んで下さい。


btn_submit

グリーンズのイベントでは事前決済をお願いしています

※会場に到着されましたら、「QRコード」をご準備ください
※当日のキャンセルについての返金はありません。
 NPO法人グリーンズの活動費として、大切に活用させていただきます◎

イベント一覧イベント一覧

partner パートナーリスト

MAD City

クリエイティブクラスの集まる独自のエリア「MAD City」を千葉・松戸駅周辺に創る、まちづくりのプロジェクト。 ⇒ 特集「MAD "Life" Gallery」

AD

infoグリーンズからのお知らせ