ISSUE ソーシャルグッド

3 years ago - 2013.09.10

SHARES  

自分たちで街をDIY!一晩でシアトルの行政を動かした自転車好きによるゲリラアクションとは?

Reasonably Polite Seattleites

みなさんは世の中を変えたいと思ったら、どんな行動をとりますか?

2013年4月、アメリカ・シアトルのとある自転車レーンで、突然何者かによって反射板のついたパイロン(反射板付きポール)が設置されました。

パイロンをおいた本人たちは自らを「Reasonably Polite Seattleites (丁寧な自転車好きシアトル市民)」と称し、道路交通局へパイロンの必要性についてこんなメールを送ったのです。

これらは道が狭くなることを車のドライバーに知らせるだけでなく、自転車ユーザーと車との接触事故を防ぎます。

私たちはたったの総工費350ドル(約34,000円)、ものの10分でこの地域に設置することができました。自転車が安全に走行できるためのパイロンの設置はそう難しくないのです。あなたたちがコストや時間を議論するのは、設置を先延ばしする理由にはなりません。

ちなみにパイロンは本格的な接着剤ではなく、はがしやすいのりで道路にくっつけられていました。

Reasonably Polite Seattleites before after

これに続くのは、シアトルの道路交通局のこれまた丁寧な対応です。彼らはこの”ゲリラアクティビストたち”に返事を送ります。

自転車ユーザーの安全のためにありがとうございます。当局でも前々よりあの地域の自転車通行の危険性を危惧していたので、あなたたちの大胆な行動に心をうたれました。

ちなみにパイロンの返却を希望しているようでしたら、あなたたちの身がばれずに取りにいけるような安全な場所に置いておくので、その旨ご連絡ください。

さらに、「アクティビストがおいたパイロンの高さは自転車のハンドルにひっかかる高さなので、もう少し低めのほうが良い」というアドバイスまで加えられていました。

その後、道路交通局はアクティビストたちがくっつけたパイロンを撤去し、公式にパイロンを設置することに。結果的に自転車、車ユーザーのどちらにも優しい道路へと改善されたのです。

パイロンを公共の道路にくっつけるのは明らかに違法行為ですが、「実際にやって見せる」という行政への訴え方はなかなかインパクト大ですよね。そのやり方もウィットに富んでいて、当地でも”ポライト・アクティビズム”として注目されているようです。

きっと賛否両論あるはずですが、市民と行政の関わり方として一石を投じたことには間違いありません。あなたならどう思いますか?

(Text:恩田ひとみ)

[via treehugger]

writer ライターリスト

恩田 ひとみ

恩田 ひとみ

greenz ジュニアライター 1988年群馬生まれ、東京育ち。イギリスでPublic Relationsを勉強中の大学院生。イングランド、Leeds在住。 greenz.jpライターインターン時、全4回「Over 60's change the world」シリーズにてイギリスの「高齢者 x Social Good」な取り組みを紹介。 現在はgreenz.jpジュニアライターとして、ワクワクするGood Ideaをお届け中。

AD

infoグリーンズからのお知らせ