ISSUE ソーシャルグッド

3 years ago - 2013.08.30

SHARES  

「いいね!」で人は救えない。もう一歩先のアクションを啓発するソーシャルキャンペーン

unicef

怪我をした息子を抱える母親。その周りを囲む複数の親指を立てた腕。
写真の中に書かれた文字は、「Liking isn’t helping(いいね!で人は救えない)」。

これはシンガポールにあるクリスチャンの慈善団体「Crisis Relief Singapore」による広告キャンペーン。Facebookで「いいね!」を押すだけで満足するのではなく、「いいね!」の先の現実のアクションを促すことを目的に展開され、世界最大級の広告賞・カンヌ国際広告賞報道部門のGold Lion(最優秀賞)を受賞しました。

また、ユニセフ・スウェーデンによって作られたテレビCM「Liking doesn’t save life(いいね!で命は救えない)」も同じコンセプトの作品。このCMには、劣悪な環境にいる人々を救うのに本当に必要なのは、ソーシャルメディア上の”共感”ではなく”お金”である、というメッセージが込められています。

Facebookを使う人なら誰もが使ったことのある”いいね!”ボタン。クリック一つで共感を示すことは簡単ですが、本当にその課題について”自分ごと”として向き合っているのか、ハッとさせられますね。

ソーシャルメディアを駆使して共感の輪を広げ、気持ちを動かすことも大切ですが、本当にヘルプが必要なのは現場にあることを、いつも忘れないようにしたいものです。ぜひみなさんも「いいね!」の先のこと、考えてみませんか?

 
(Text: 阿部星渚)
[via The Verge, The Huffington Post]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ