遠くからは見えない環境破壊。美しくて重い、中国の環境広告

shan shui 1

いまや世界の工場いわれる中国。
環境破壊も深刻になってきています。

その中国の環境破壊をテーマにした環境広告が、
今年のアジア太平洋広告祭(アドフェスト)で
たくさん賞をとりました。

shan shui 2

shan shui 3

広告主は中国の環境NGOです。

美しい山水画、
でも、よ〜く見てみると、
その風景を構成しているのは
自然の風物ではなく、
汚染物質を出す工場や、
渋滞する車の列だったりします。

shan shui 4

shan shui 5

shan shui 6

グラフィックのコピーは、
“Don’t let nature.come to an end.”
(自然を終わらせるな。)

同じテーマのCMもあり、そのコピーは、
“Let the hills be hills and rivers be rivers.
 Let nature be.”
(丘を丘に、川を川に戻そう。
 自然を自然に戻そう。)

この中国の汚染、
中国ばかりが悪いわけじゃないんですね。
世界の先進国の責任が大きいんです。

日本の企業も中国に
たくさん工場をつくっていますが、
そのことで環境破壊を輸出しているんですね。

経済がグローバル化している今、
ひとつの国の環境問題も、
その国だけの責任とは
言い切れなくなってきています。

この広告の山水画のように、
環境問題が見えにくくなっている状況を変えるには、
経済を地域単位に再構築していく必要が
あるのかも知れませんね。

日中韓環境情報サイト「ENVIROASIA」をみてみよう