実際に遊んでみたい! 憧れだったTree Houseを見にいってみよう!

Treehousetop

Tree houseのホームページより

人は日常の生活や煩わしい人間関係から逃れるために、自分とほんの少しの大切な人だけの秘密の場所が必要だと思いませんか?

幼い頃にあこがれた、ツリーハウス。大人には内緒の、自分たちだけの城——。
ツリーハウスをつくりだす、「TREE HOUSE POEPLE」はご存知だろうか? それは、ツリーハウスを通して遊びの価値を提案したり、街と自然とをつなぐという人々の集まりだ。

まずはツリーハウスをみてみよう。

2008年4月 福島県福島市
Treehouse1

2007年10月 川崎市 柿の実幼稚園
Treehouse2

2006年12月 栃木県 風の子保育園
Treehouse3

Tree house Galleryより)

他にも、カンボジアや沖縄など、国内外問わず活動の幅を広げている。

「TREE HOUSE POEPLE」は、ツリーハウス・クリエーター小林 崇さんを中心とした活動の場。
「ツリーハウス・クリエーション(THC)」「日本ツリーハウス協会/ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク(JTN)」、サロン「HIDEAWAY」がある。

小林さんは、スタイルとデザイン、感性をコンセプトにしたツリーハウスを創作する日本のツリーハウス第一人者であり、世界的にも有名なツリーハウスビルダーだ。’94年、ツリーハウス建築の世界的権威ピーター・ネルソンに出会い、以後毎年オレゴンで行われるツリーハウスの国際イベントに日本から唯一参加するようになり、2000年、ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク(JTN)を立ち上げ、 ’05年には有限会社ツリーハウス・クリエーション(THC)を設立。沖縄から北海道まで、その地の風土・樹木に適したツリーハウスを制作。これまで手がけたツリーハウスは、なんと全部で37棟にも及ぶ。

ツリーハウス・クリエーションは、ツリーハウスのオンリーワンブランドとして活動するプロ集団。アートとしてのツリーハウス制作と関連事業を通して「自由と非日常へのあこがれ」を自ら体現し、「遊びの価値」を提案し、日本ツリーハウス協会は、ツリーハウス制作体験やツリークライミング体験などを通して、冒険心や豊かな感性を育て、街と自然環境をつなぎ触れ合いを提供している。また、HIDEWAYは東京・原宿にあるカフェの中に木がそびえ立つという一度は行ってみたいめずらしい場所だ。食事のほかに、オリジナルグッズや書籍を販売していておもわず長居してしまいそう。

小林さん著者の本はこちらからどうぞ。

greenz/グリーンズ 小林崇「ツリーダム」

日本ではまだなじみの薄い建築だが、遊びの場を広げているのは確か。なんだか、見るだけでワクワク! 遊び心を思い出しに、行ってみてはいかが?