greenz peopleって知ってる?ほしい未来をつくる仲間たち募集中!

greenz people ロゴ

今年、街から電車が消えるシモキタの街はどうなる? green drinks 下北沢「下北沢を好きな人が、クリエイティブな活動をシェアする場」

shimokita_onigiri

下北沢。新宿から小田急線で約10分。1927年に開業した下北沢駅は複々線化・連続立体交差化の工事のため2004年から9年間の月日を得て、今年の3月に線路の地下化が実現し、下北沢の街から電車が消えてしまいます。

シモキタの街は今後どうなっていくのでしょうか? シモキタ好きの方々はワクワクしたり、お気に入りのお店が駅前広場整備のため閉店してしまいちょっぴり悲しかったり…。シモキタの街に思い入れのある人はきっと多いはず。そんな町並みがガラリと変わっていくこの瞬間に、グリーンやサステナビリティをテーマにした飲み会「green drinks 下北沢」がキックオフしました!!

今回の会場は「the Association」というシェアオフィス。“つながり”を示すその名前には、職域を超えて人と人をつなぎ、ビジネスや地域への可能性に挑んでカタチにしていきたいという思いが込められています。

この場所で、「下北沢を好きな人が、クリエイティブな活動をシェアする場」をテーマに初回にして21名ものシモキタ好きの方々が集まって下さいました。

shimokita1

記念すべき第1回でクリエイティブな活動をシェアしてくれたのはこちらの方々です。

I Love 下北沢 西山友則さん 阿部 達哉さん
green bird 下北沢チーム 大塚健一さん
グリーンライン下北沢 泉山塁威さん 丹野いのりさん
ママンカ市場 小出麻子さん

初めてシモキタに行くならまずチェック!

最初は「I Love 下北沢」の西山友則さんと阿部 達哉さん。

shimokita_ILOVE

シモキタって路地がたくさんあってはじめてだと分かりづらい!おすすめのお店やイベント情報が知りたい!そんなときに役立つのがこの「I Love 下北沢」。下北沢を愛している!盛り上げたい!好きだ!と言う人達を繋いでいく地域密着型ソーシャルネットワーキングサイトです。

現在420件以上の店舗の情報を掲載し、クーポンやお店の情報をゲットできちゃいます!またイベントを主催し、最近ではシモキタコレクション、カレーフェスティバルなどシモキタを盛り上げるため日々活動中!

質問タイムで「お店の情報はスタッフの方が直接集めに行くのですか?」との答えに、「いつも自分の足で行きます!始めはネットに慣れなくて掲載を断られたりしますが、仲良くなるにつれて興味を持ってくれます」と、聞き込みをする様子を教えて下さいました。

今後はSNSのアプリを開発中ということで、シモキタらしいユニークな企画を期待していきたいと思います! 

合言葉は“KEEP CLEAN. KEEP GREEN”

次はgreen bird 下北沢チームの大塚健一さん。

shimokita_greenbird

green birdは「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信のプロジェクトです。社会貢献に対する意識で「ボランティアした事ある:機会があればしようと思う:思わない=2:6:2」の率が証明されているらしく、「機会があればしようと思う」の機会を気軽に参加できるようにしたいとのこと。

下北沢での活動は、毎週日曜日の13時に下北沢駅北口の目の前にあるピーコックに集合。参加者は日によって違いますが10〜20人、年間はなんと700人もの方が参加してくれます!お掃除のコースは大塚さんのその日の気分で決まり、時には寄り道をして楽しくお掃除をして解散!第4日曜日には寄り道にいつも“あの場所“に行かれるそう。その紹介は後ほど…。

近々のビックイベントは、2/1〜3に開催される第81回天狗まつり!「参加者がまいた豆をgreen birdが後を追って拾うというエコなのかなんなのかよくわからないですね!」という冗談まじりのお話で会場が賑わいました!また運が良ければ“お掃除アイドル”に会えちゃうかも!? 毎週日曜日13時にピーコック前でお待ちしております!

次の話の前に、今回の軽食の紹介をします。

shimokita4

下北沢北口徒歩3分のところにある「es cafe」さんが、今回のオーガナイザーであるママンカ市場で食材を用意し、出来立ての温かいお料理をお店から運んでいただきました。

参加者は「こんな豪華な料理が食べれるなんて!」「おにぎりがとってもおいしい!」と大好評!!特に自家製粗挽きソーセージはお店で一から詰めて作っているらしく本当においしかったです。ありがとうございました。また次回もお願いしたいなー♪

今年3月、ついに電車が姿を消す。その後、街の姿は?

続きましては「グリーンライン下北沢」の泉山塁威さんと丹野いのりさん。

shimokita2

冒頭でありましたが、小田急線地下化工事が進んでいます。グリーンライン下北沢は鉄道事業者にもプラスになり、利用者の地域住民にも、商業者にも、来訪者にもプラスになる「ウィン・ウィン」の関係性を確認しつつ、防災や環境にも配慮した、みんなが幸せになる公共空間を一緒に考えていくためのグループです。

将来、創出された公共空間を利用する使い手の受け入れ、管理運営の担い手となることも視野にいれ、地域の皆さんと連携する取り組みを模索しています。これまでに勉強会やワークショップ、シンポジウムをするだけでなく、ピクニックをして「こんな公園や公共空間が下北沢にできたらいいよね」という空間の体験をみんなで共有したり、駅前広場整備のため空き地になった街で「みんなの庭プロジェク
ト」といったイベントで、将来できる公共空間のマネジメントの重要性を試行錯誤していきます。

今後のビックイベントは何と言っても3月末の地下化!この情報に皆さん驚きの様子で「グリーンラインだけでなく街全体の大事、お祭り騒ぎになるでしょう!」と、どんな企画が出来るか楽しみですね。

農業だけでなく子育ても応援したい。

最後は会場の運営もされている「ママンカ市場」の小出麻子さん。

shimokita3

ママンカ市場は下北沢の天狗のお寺で毎月第4日曜日に開催している産直市場で、市場に入ると様々な土地から集まった農家さんが自慢の農産物を手売りしています。小出さんの幼なじみである農家の八木岡さんと、農業への想いが意気投合しこの企画がスタート。どのような農家さんがどういった想いでお野菜や果物を栽培しているのかを知ることは、どんな高級な調味料や食器よりも食べ物を美味しく彩らせるという想いで農業を応援しています。

「ママンカ」とはケチュア語(インカ帝国で使われていた言語)で「ママの~」という意味。たのしく、みんながこどもを愛でる場所ができたらいいのに!という発想のもと、子育て世代を応援したいスパイスを市場のあちらこちらに散りばめています。

例えば子どもが絵本を読める場所や、和室でくつろげるスペースがあります。利用者の方は「下北沢にはあまり授乳室がないからありがたい」と好評なのだそうです。

今後については、「点で存在したくない。広がりを求め、横のつながりも出て来ました。これからはリアルの現場とWEBでBOSEIを育む人をママンカの周りから増やしていきます」とのこと。母子手帳を持っていくと、割引して下さるそうですよ!

mama
ママンカ市場のパノラマ体験も http://www.mamanqa.com/panorama/
 
green birdさんの寄り道の場所とはこのママンカ市場のことでした!イチゴのアイス「紅羽」は絶品らしく寒い冬でも大好評らしいです。食べたい…。

以上が今回のクリエイティブな活動でした。

始めは緊張されてあまり会話も弾まなかったのですが、最後は時間を忘れるほど盛り上がりました。参加者の方からクリエイティブな活動をシェアしてもらったり、それぞれが今後の活動に活かせるのではないかなと思います。

green drinks 下北沢 は3ヶ月に1回のペースで開催していきます。スピンアウト企画として、花見や農業体験にみんなで参加するなど、面白そうなアイデアが出ています!

「下北沢でイベントしたいんだけどきっかけが無い」「SNSでたまたま見かけたんだけど面白そう!」「我が店ではこんな企画をしているんだけど!」などなど、こんな連絡を待っています。今後の下北沢の街を盛り上げていくのはあなたかも…?

(Text:伊丹ちひろ (green drinks下北沢サポーター) )

あなたの街でもgreen drinksをやってみよう