ISSUE 環境

2 years ago - 2014.06.18

SHARES  

“量り売りでゴミゼロ”は世界のスタンダードに?ドイツ発、”包装しないこと”が売りのスーパーマーケット「Original Unpacked」

unpacked_supermarket_1

一昔前は当たり前だった”量り売り”、最近はあまり見なくなりました。スーパーに行けば、肉でも魚でも、ひとつのパッケージで買うのがあたりまえ。必要以上に買って、ゴミが増えてしまった…という経験がある方も少ないないのではないでしょうか。

先日グリーンズで紹介したごみを出さない「上勝百貨店」 が大反響だったのも、そのことに違和感を感じている人が、意外とたくさんいたからかもしれません。そして、その動きは世界でも広がっているようです。
 
ou_add
店内には目立つための包装デザインの商品が見当たらず、落ち着いて自然な色合いのように見えます。

今回ご紹介するドイツの「Original Unpacked (Original Unverpackt)」は、その名の通り、食品を包装しないことを売りにしているスーパーマーケットです。

この夏、ベルリンに一号店を開店の予定。現在、クラウドファンディングで開店に必要な資金を調達していますが、6月5日時点で目標の二倍以上の96,000ユーロ(1,300万円)が集まっています。
 
unpacked_supermarket_2

野菜や果物はそのままに棚に置かれ、豆やパスタは大きなビンに入れてあります。飲み物もパックではなく、サーバーからマイボトルへ。多くの食材を少しずつ手に入れることで、料理のバリエーションがさらに広がりそうですね。

Original UnpackedのファウンダーであるMilena GlimbovskiとSara Wolfのふたりは、次のように言います。

過剰包装は迷惑なだけでなく、環境にも負担をかけてしまいます。ドイツだけで毎年1600万トンの包装がゴミになっています。買い物をふたたび美しいものにすること。それが、わたしたちの環境のためにもなるのです。

日本でも最近は、マイバッグを奨励してビニール袋を減らそうとするスーパーマーケットが増えています。でもマイバッグの中をのぞいてみれば、ビニール袋かトレイに分けられた食品ばかり…というのが現状です。すべてを一気に変えるのは難しいかもしれませんが、部分的に量り売りが増えることで、ゴミを減らすだけでなく、必要な量を見なおすきっかけになるかもしれません。

みなさんの周りの素敵な”量り売り”のお店があったら、ぜひ教えて下さい!

[via psfk,inhabitat]
(Text: 山根大地)

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ