ISSUE ものづくり

2 years ago - 2014.02.04

SHARES  

使い方で変化する都会のカメレオン!ベトナム・ハノイに現れた”移動式コミュニティーセンター”

Tadioto-bike-structure-Bureau-A-1.jpeg.662x0_q100_crop-scale

みなさんの地元には、お気に入りの場所はありますか?

散歩する人を見ながら日向ぼっこする土手。公園の芝生の広場。いい風が通る大きな木の下。何か食べるもの持ってくれば良かった。ふと読書したくなってきた。お酒を飲むのにいい雰囲気だな…。そう思ったときにその場に、食堂や図書館、バーの機能が、向こうからやって来てくれたら嬉しいですよね。

今日はそんな思いを叶えてくれそうな、素敵な”発明”を紹介します。
 
Tadioto-bike-structure-Bureau-A-4

これはベトナム・ハノイにオフィスを持つ、スイス人の建築家グループ「BUREAU A」が作った乗り物「Ta đi Ôtô」です。屋根付きの枠に自転車がついています。

枠の中に、板を置き、その上に料理道具や食材を載せたらあっという間に食堂やバーに。椅子と本棚を載せれば図書館に。その他にも、側面に黒板をつければ教室に、上の方に昇って立てばステージにもなります。

小さいけれども、人々の集まれる場と機能を提供するまさに”移動式コミュニティーセンター”。ほしいと思ったときにすぐ、場所を作れるスピード感がなんとも魅力的です。
 

この「Ta đi Ôtô」は、ベトナムでたくさん走っている人力車のパーツを替えて作ったもの。設計をした、Bureau Aのメンバーはこう言います。

ハノイでは、コーヒーのミルクまで、なにもかもが高密な場所だ。人々はなんでも使い、思わぬ方法でモノに別の命を吹き込む。全てのものが、休むことなく新しい機能に生まれ変わる。ハノイでは、美術館とは違った方法で、モノに永遠の命を与えるんだ。

ただおもしろいモノを作っただけでなく、ハノイの文化への理解や、共感の上でつくられているということがわかります。街にもともとあったかのように溶け込んでいるからこそ、その土地の人に愛され、普段の暮らしの一部として使ってもらえるようになるんですね。
 
Tadioto-bike-structure-Bureau-A-5

その場に応じて瞬時に対応できる移動式は、ニーズが多様化し、素早いサービスが求められている現代において多くの可能性がありそうです。移動式×○○で、Ta đi Ôtôに負けない素敵なものを作ってみませんか?

(Text:小貫 友里)

[via treehungger]

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ