ISSUE ソーシャルグッド

3 years ago - 2013.10.11

SHARES  

観戦中に、茶色い衝撃!熱帯雨林の保護を訴える、サッカー中継のゲリラアクション「DEFORESTED FIELD」[Cannes Lions2013]

DEFORESTED FIELD2

カンヌ国際クリエイティビティ・フェスティバル2013受賞作を紹介する連載、今回はブラジルからです。

ブラジルの熱帯雨林は、いま驚くべき速さで破壊されています。でも、そんな事実は都市で生活している人には実感がありません。なんとか森林破壊について多くの人に関心を持ってもらいたい。そこでブラジルのWWF(世界自然保護基金)は、最新のデジタル技術を使ったアクションを実施しました。

ブラジルの人たちの関心ごとといえば、なんといってもサッカーです。メッセージを伝えるために使われたのは、注目を集める女子サッカーの試合のテレビ中継。テレビで試合を見ていると、緑色のフィールドが、どんどん茶色くなっていきます。4分の間で、芝生はなくなり、すっかり土がむき出しに。ええっ?と思っていると、バナーのような形でWWFのメッセージが表示されます。

「ブラジルでは、4分ごとにサッカー場ひとつ分の森が失われています」

この突然の訴えは衝撃を持って受け止められ、WWFブラジルのウェブサイトのページビューは73%も向上。ソーシャルメディアでも動画が広まり、森林伐採への関心を高めることに成功しました。

事実をわかりやすい何かに例えることはありますが、実際にそれを心の準備がない状態でリアルに見せられると、直感的に情報が刷り込まれますよね。実感型のインフォグラフィックと言えるでしょうか。

カンヌライオンズ受賞作の連載はまだまだ続きます!引き続きお楽しみに。

(翻訳協力:モリジュンヤ

カンヌ受賞作品の記事はこちら
Cannes Lions2013

writer ライターリスト

丸原 孝紀

丸原 孝紀

greenz シニアライター 1976年京都生まれ。コピーライター(東京コピーライターズクラブ会員)。企業に社会貢献型のコミュニケーションを提案するとともに、NGO/NPOのクリエイティブを積極的にサポートしている。社会課題を解決するアイデアを提案するプランング・ユニット「POZI」のプランナーとしても活動中。

AD

infoグリーンズからのお知らせ