ISSUE☆おすすめの連載! わたしたちエネルギー

3 years ago - 2013.08.26

SHARES  

晴れたらBBQ、曇ならサラダで!メニューも味も天気次第の移動式レストラン「Lapin Kulta Solar Kitchen」

Kalasatama-2011-021

わたしたち電力」は、これまで“他人ごと”だった「再生可能エネルギー」を、みんなの“じぶんごと”にするプロジェクトです。エネルギーを減らしたりつくったりすることで生まれる幸せが広がって、「再生可能エネルギー」がみんなの“文化”になることを目指しています。

3.11以降ますます期待される自然エネルギー。ではエネルギーが変わると、私たちの食にはどんな変化が起こるのでしょうか?

フィンランドの「The Lapin Kulta Solar Kitchen Restaurant(以下、ソーラーキッチン)」はその名の通り、太陽光だけを使って調理する移動式レストランです。一体どんなレストランなのか、さっそくみてみましょう。

Antto_Melasniemi-
太陽光を使って熱を起こすコンロ

使うのは衛星アンテナのような調理器具ソーラークッカー。この中心に鍋やフライパンを置いて焼いたり、温めたりします。持ち運び可能なので、公園などある程度のスペースがあれば即興のキッチンをつくることも!

ちなみに太陽光で調理すると、火で焼いたときとは味や食感が変わるのだとか。今まで体験したことのない味と評判になっているそうで、一体どんなものなのか気になりますね。

ソーラーキッチンに必要なのは、もちろん太陽ですが、毎日晴れとは限りません。そこで快晴の時はバーベキュー、曇りの時はサラダなど、天気に合わせて料理を決めます。もちろん雨が降ると延期。当日になってみないとわからないドキドキを味わえるのと同時に、シェフもお客さんも、その日の天気を受け止める柔軟性が求められているのです。

melasniemi1
シェフのアントさん。ワイルドです。

このプロジェクトは、フィンランドの料理人であるアントさん、スペインのフードデザイナーであるマルティさん、そしてビール会社であるラピンクルタの三者によって実現しました。キッチン、料理など「食にまつわることと自然との関わり方を再考すること」を目的とした活動の一環なのだそう。

料理のためのエネルギーとして太陽光を使うことで、自然と関わりながら生きていることを再認識させてくれるソーラーキッチン。あなたもぜひ体験したことのない味を体験してみませんか?

(Text: 中楯知宏)
[via David Report]

writer ライターリスト

中楯 知宏

中楯 知宏

greenz ジュニアライター 1988年生まれ。大分生まれ福岡育ち。現在東京在住。 オイシックス株式会社所属。 趣味は旅と写真。

AD

infoグリーンズからのお知らせ