ISSUE まちづくり

4 years ago - 2012.03.26

SHARES  

お金がなくてもOK !? お店が欲しいモノとメニューを物々交換できるロンドンのパブ

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by sanchom.

Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by sanchom.

お金を介在させない古着の交換会「xChange」や、旅行者が一般家庭に宿泊させてもらうオンラインコミュニティ「CouchSurfing」など、金銭を介在させずにモノやサービスを交換しあう“物々交換”が様々な分野で応用されつつありますね。

では、お金を使わずにビールで乾杯!なんてのは、どうでしょう?

英ロンドンのパブ「Marksman Pub」では、お店が求めている食材や道具・スキルなどを公式ウェブページで公開。いずれかを持参したお客さんに、ビールやオードブルなどを無料でサービスするという”プチ物々交換”を行っています。

ロンドンの「Marksman Pub」の外観。Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by Ewan-M.

ロンドンの「Marksman Pub」の外観。Creative Commons: Some Rights Reserved. Photo by Ewan-M.

交換できるアイテムは、テーブルに飾る生花やエッセンシャルオイルのほか、掃除用洗剤、大工道具、ノート、プリンタカートリッジ、お客さんが楽しめるゲームに至るまで多種多様。ジュエリーデザインやピアノ演奏、ドローイングなどの専門的なスキルも、交換できるそうです。

パブにとっては、店の運営に必要なモノ・サービスをすべて買わずに済む一方、庭にたくさん咲いた花を摘んでビールと交換するとか、店内の壁に飾る絵を描いてオードブルをゲットするなど、お客さんにとっても、お金を使わずにパブが楽しめる、一挙両得のシステム。また、このようなやりとりをきっかけに、「お店」と「お客さん」という従来の立場を超え、いわば”主客一体”のような新しいつながりが生まれるかもしれませんね。

writer ライターリスト

松岡 由希子

松岡 由希子

松岡由希子(Yukiko Matsuoka)。大阪生まれ、奈良育ち。米国MBA(経営学修士号)取得。アントレプレナーシップ(起業家精神)を専攻。経営コンサルティング、ベンチャー企業の立ち上げなど、約10年にわたるビジネスでの実務経験を経て、物書きに転身。「持続可能な未来づくり」をコアなテーマに掲げ、グローバルな視点から、幅広いジャンルで執筆中。2008年10月から2014年3月までグリーンズライターを務める。 Twitterアカウント: @boochan

AD

infoグリーンズからのお知らせ