\1500部 突破/「beの肩書き」本、好評販売中!

greenz people ロゴ

4/27(土)〜28(日)「グリーンズのミドリ市」がGWの恵比寿ガーデンプレイスにパワーアップして今年も出現!

こんにちは。グリーンズ、インターン生のくろゆかです。4月も半ばを過ぎ、ドキドキの新生活にも少しずつ慣れてきた頃かと思います。だんだんと暖かくて過ごしやすい日が増えてきましたね。今年のゴールデンウィークは10連休の方も多いのではないでしょうか。みなさんは、ゴールデンウィーク(GW)のご予定はお決まりですか?

さて、まだ予定が決まっていない方にぜひお越しいただきたいのが、「グリーンズのミドリ市」です!

昨年開催して好評だった「グリーンズのミドリ市」が、今年はさらにパワーアップしてGWの恵比寿ガーデンプレイスに出現することに!「URBAN FARMERS SUMMIT」のイチ企画として、あたたかみのある商品を売ってくださるこだわりのお店を27日、28日の2日間で計7店舗出店します。

昨年は、『花より男子』でおなじみの時計広場で1日間のみの開催でしたが、今年は中央広場でなんと2日間出店できることが決まりました。GWの恵比寿ガーデンプレイス、人がわんさかいると思うので私たちもとてもワクワクしています。

「そもそもミドリ市ってなに?」と思っている方のために、まずは軽く昨年の様子をご紹介しますね!


昨年の会場は、みなさんご存知、恵比寿ガーデンプレイスの時計広場でした


今年も出店してくださる椎茸祭の方々のシイタケ栽培キットやおだしが並んだり


色川集落の方々、なんとこのイベントのために今年も和歌山県から来てくださいます


というわけで、昨年も楽しい出店となりました!

気になる今年のミドリ市は?

今年のミドリ市のテーマは、「ほしい暮らしはつくれる」です。
まずは今年出店して下さる方々からのメッセージをご紹介します。

椎茸祭(両日参加)
~ほっこりしいたけおだしと、楽しいしいたけ栽培キット~


 渋谷でしいたけのおだし屋さんをしています、株式会社椎茸祭です。僕たちは、椎茸や昆布といった植物性の素材を使って、ベジタリアンの方でも(もちろんそうじゃない方でも)楽しめるうまみたっぷりのおだしを開発・販売しています。
 今回は、お湯を注げばスープ感覚ですぐ飲める液体タイプのしいたけだし「oh!dashi」と、自宅でコンパクトにしいたけ栽培が楽しめるキット「しいたけハウス」を販売します!おだしは試飲もありますので、ぜひ立ち寄ってみてください!

新潟県荻ノ島集落(両日参加)
~これできっとあなたも荻ノ島(おぎのしま)集落にきたくなる~

新潟県柏崎市高柳町荻ノ島(おぎのしま)、ここはかやぶき屋根の民家の残るTHE日本の原風景というような景色の残る集落です。私は2年前に大阪から移住してきた移住者ですが、夏にはホタルが舞い、冬には積雪2mにもなる豪雪地で日本の四季が感じられるすばらしい場所です。ですが、かやぶき民家も20年で20棟ほど減少、人口も50名になりました。でも、荻ノ島が好きだから荻ノ島のこれからを繋ぎたい。もっとみんなに遊びにきて欲しい。みんなと楽しく暮らしたい。そんなこれからを繋ぐためにここにきました。

fregrance-yes(27日参加)
~日々の暮らしに香りを添え、こころとからだを整える~


セルフケアというライフスタイルを提案するyesが、素材から丁寧に選んだスキンケア・アロマ製品をお届けします。
ワークショップでは、自分だけのオリジナルの香りを調合して、オリジナルのスプレー制作を体験していただけます。
http://fragrance-yes.com/

たねっこのね。(27日参加)
~未来を担う子どもと母ちゃん父ちゃんの手仕事市場~


「今日は何しようっか?」から始まる1日。お弁当に手づくりおやつ持って、みんなの集まる公園へ行こう。今日はこの公園で遊ぶよーってメールでまわってきてたから、行けば仲間たちが居るっていう安心感。おやつ交換も楽しみのひとつ。「今日のうちのは蒸しパンだよー、どうぞどうぞー」って、お店やさんみたい。
子ども達と遊びながら、大人は次の企画を妄想中。暖かくなってきたから、次のお外ご飯はいつにしよっか、とかね。未来を担う子どもと、ともに楽しもう♪
http://tanekko.jugem.jp/

和歌山県色川集落(28日参加)
~自然農法の郷、和歌山県色川集落で棚田を守ろう会~


和歌山県那智勝浦町にある色川という地域で棚田の保全活動をする傍ら、色川と東京の交流活動をしています。
色川は、昔ながらの棚田だけでなく、集落全体で循環型の自給自足的な暮らしを営むとても豊かな里山です。30年以上前から農薬や化学肥料を使わない伝統農法を志す若い人たちがIターン、Uターンで集まり、昨年とうとう移住者もしくは移住者2世が集落の人口の半分を超えたという、全国でも珍しい地域です。昔ながらの農法、製法で作られた色川産品をご紹介します。

OneNova(28日参加)
~【世界一”透明な”パンツ】一度はいたら忘れない、心地よいパンツをお届けします~

こんにちは。One Nova(ワンノバ )です。「世界一”透明”なパンツ」を作っています。ワンノバのアイテムは、もちろん透けて見えるわけではありません。関わる人や手元に届くまでの道のり、原価や中の人の気持ちをまるごとお見せする、”透明性”を大切にしているブランドです。
今回のミドリ市ではそんな「透明なパンツ」をお持ちしました。あなたも、「#ワンノバのある暮らし」を始めてみませんか?
https://onenova.jp/

komorebi(28日参加)
~徳島県上勝町のスギ材でつくったナナメに積めるつみき~

「komorebi(こもれび)」は、「てるぺん(徳島県上勝町産)」というつみきをつくるときに出る端材(スギ材・一部間伐材)からできています。一辺がナナメになっているので、アーチにしたり、曲げて積んだり、平らに並べたり、自由な遊び方ができます。このつみきを通して、たくさんの新しい関係性がうまれますように。
徳島県上勝町のスギ材(端材)でつくった、ちょっぴり変わったつみきを届けたい!

以上が、今年のミドリ市に参加してくださる方々です。ミドリ市に今年初めて参加してくださる方々もいらっしゃいます。また、今年はgreenzでも、少しブースを借りて、greenzをもっと知っていただけるようなものを用意しようと考えていますので、そちらもお楽しみに。

「ほしい暮らしはつくれる」に込めた思い

あなたの「ほしい暮らし」はなんですか?

ドタバタした朝の時間にちょっとゆとりを持てて、自分と家族の分のおいしい朝ごはんをつくれる暮らし、顔の見える人がつくったものが身の回りにあふれている暮らし…など、人によって「ほしい暮らし」って様々ですよね。

けれども、「ほしい暮らし」ってあくまで理想であって、現実はそんな暮らしをできるほど時間もお金にも余裕がないし、とか、ほしい暮らしを語っているのなんてどうせおしゃれな雑誌やインスタグラムの中の世界でしょ、って思っちゃいますよね。私もそう思っていました。

 でも実はそんなことはないんです。「ほしい暮らし」は、沢山のお金や時間をかけなくたって、いつもの暮らしを見つめ直し、日常をちょっと彩ってくれるアイテムを側に置くだけで、案外簡単につくれるんではないでしょうか。

今回のミドリ市は、あなたの「ほしい暮らし」を考えるられるように、いつもの暮らしを見つめなおすきっかけにきっとなってくれるアイテムを揃えました。どのお店も、1つ1つに出店者さんの想いがぎゅっと詰まった、あたたかいアイテムを揃えてくれています。

 この「ミドリ市」に足を運んでいただいたことをきっかけに、みなさんが自分の日常を見つめなおし、さらに自分が本当に「ほしい暮らし」を考えるためのヒントを持ち帰ってもらえれば、私たちはとっても嬉しいです。

では、GWに、会場でお会いできることを楽しみにしています!

グリーンズのミドリ市
【日時】
2019年4月27日(土), 28日(日) 11:00~18:00
【会場】
恵比寿ガーデンプレイス ひろば
【住所】
〒150-6018 東京都渋谷区恵比寿4-20
【アクセス】
・電車でお越しの場合
JR恵比寿駅東口スカイウォークより直通徒歩5分
または日比谷線恵比寿駅から徒歩10分

・車でお越しの場合
サッポロビール本社前、記念館横に
地下駐車場の入り口があります。