【新着記事】学校ではない「 」へと変態し続ける軽井沢風越学園で、幼稚園スタッフという名の“真剣な遊び仲間”募集!

greenz people ロゴ

3/20(水)green drinks Shibuya vol.19「シェアリングエコノミーで街づくりは進化する」

グリーンズはオフィスを構える渋谷区を舞台に「これからのシブヤ」を考える「green drinks Shibuya」をほぼ毎月開催しています!同じく渋谷に本社のあるパートナーボッシュ株式会社が運営するcafe 1886 at Boschが会場です。今回は第19回目の開催のお知らせです!

【今月のテーマは、「シェアリングエコノミーで街づくりは進化する」】

Airbnbやメルカリ、最近話題のADDressなど、幅広い分野でサービスが展開されているシェアリングエコノミー。新しい産業としての注目はもちろんですが、人口や建物が過密な都市部を中心に失われつつある「人とのつながり」を、経済を介して取り戻すアプローチとしても注目を集めています。

そんな「シェアリングエコノミー」は、これからの時代においてどのような可能性を秘めているのでしょうか?

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、日本政府は訪日外国人旅行者数4,000万人を目標に立てています。渋谷をはじめとした都市部へも、多くの外国人が観光として訪れることが見込まれています。まちの環境や経済、人々の暮らしへの影響の大きさも想像に難くありません。

そのような変化していく街において、シェアリングエコノミーを上手く活用することができれば、街づくりは「人との繋がり」「経済」の両側面から進化していくことができるのではないか。

そんな仮説を持って、3名のゲストの方々とシェアリングエコノミーの可能性について考えてみたいと思います。

【今月のゲスト】

Airbnb Japan株式会社にて、日本におけるホームシェアリングのルール形成を始め、政府・自治体と協業して様々な活動に携わる長島淳史さん

累計500回以上のサービスを使用し、シェアエコだけで生活をする『シェアリングエコノミー研究家』加藤こういちさん

18年間渋谷区千駄ヶ谷に住み続け、千駄ヶ谷大通り商店街振興組合の理事を務める岡﨑千治さん

イベント概要

【テーマ】
green drinks Shibuya 「シェアリングエコノミーで街づくりは進化する」

【日時】
3月20日(水)
19:00〜21:30
※トークセッション、交流タイムは19:30-21:00です

【定員】
50名

【参加費】
一般チケット 2,000円(ワンドリンク、軽食付き)
早割チケット 1,700円(ワンドリンク、軽食付き)※2週間前まで(限定20名)
学生チケット 1,500円(ワンドリンク、軽食付き)
greenz peopleチケット 1,500円(ワンドリンク、軽食付き)

【お申込み】

申し込みはコチラ!


グリーンズのイベントでは事前決済をお願いしています

Facebookのイベントページで随時情報を投稿するので、こちらもチェック)

【スケジュール】
19:00 開場&受付開始、交流タイム
19:30 スタート/ゲスト紹介
20:00 トークセッション
20:30 交流タイム
21:30 終了

【会場】

bosch cafe特製のサンドイッチ!とっても食べ応えがあります。

café 1886 at Bosch(東京都渋谷区渋谷3丁目6-7)
JR渋谷駅より徒歩5分
Google Map

【ゲスト】


長島 淳史さん(ながしま・あつし)
Airbnb Japan 株式会社 公共政策本部 上席渉外担当
大学卒業後、中央省庁にて、交通分野やIT分野などの公共政策立案を担当。新産業におけるビジネスと政策の両立の必要性を感じ、2017年よりAirbnbの公共政策部門に参画。日本におけるホームシェアリングのルール形成をはじめ、政府、地方自治体と協業して様々な活動に携わる。
参考記事:地域と一緒に活性化させていく【下北沢】


加藤 こういちさん(かとう・こういち)
シェアリングエコノミー研究家
シェアリングエコノミーを500回以上使ってミレニアル世代のライフスタイルにどう入れていくべきかを研究中。4年前に上京してからシェアエコで孤独を解消したことをキッカケにその魅力にはまる。シェアエコ事業者、ホスト、ゲスト視点でバランスよく、業界情報を整理して発信することで社会貢献するのがミッション。


岡﨑 千治さん(おかざき・ちはる)
千駄ヶ谷大通り商店街振興組合 理事
1967年7月兵庫県で生まれる。2001年に渋谷区千駄ヶ谷に住むようになり、有限会社ヒルトップスクェアをスタートさせる。次年度より地元商店街・町会などの地域活動を始める。さらに翌年、渋谷区商店会連合会外苑ブロック事務局を務めるようになり、単組を越えた活動の大切さを学ぶ。その後、2014年より「千駄ヶ谷まちづくり協議会設立準備会」を渋谷区役所ならびに地元有志と始め、翌年、正式発足した「千駄ヶ谷まちづくり協議会」の事務局を務める。2018年より、渋谷をつなげる30人第3期メンバーとして活動中。

【司会】

植原正太郎(うえはら・しょうたろう)
NPO法人グリーンズ CCO(Chief Community Officer)
1988年4月仙台生まれ。親の仕事の都合で全国を転勤しまくる幼少期を過ごす。新卒でデジタルマーケティングのコンサル会社に入社。その後、2014年10月よりWEBマガジン「greenz.jp」を運営するNPO法人グリーンズにスタッフとして参画。2018年4月より事業統括理事の二代目に就任し、健やかな事業と組織づくりに励む。本業の傍ら、渋谷のビル屋上や遊休地に畑をつくるNPO「URBAN FARMERS CLUB」を立ち上げて活動したり、全国に広がる生き方の祭典「生き方見本市」も展開中。ライフテーマはコミュニティ、好物はチーズバーガー。

【主催】
NPO法人グリーンズ、ボッシュ株式会社

【パートナー】
シブヤ経済新聞

お願い
・peatixにて事前決済にご協力おねがいします!
・当日キャンセルは受け付けておりませんので、ご了承ください。
・会場にはクロークがございません。おそれいりますが各自お手荷物は管理くださいませ。
・困ったことがありましたら、何でもスタッフにおたずねください。話す人が居ない…でもOK!

申し込みはコチラ!

【green drinks Shibuyaとは?】

撮影:nD inc. / Ayako Hiragi

green drinks Shibuyaは「これからのシブヤ」をテーマに、ほぼ毎月第三木曜日に開催している飲み会イベントです!

大きく変わりゆくこの街の中で、渋谷にまつわる多様な人が集まり、「これからのシブヤ」について考えたり、アイデアを出し合う機会があったら、なにか新しいコトが生まれそうではありませんか?
現在の仕事や肩書に囚われず、渋谷に関わる一個人としてトークや交流が生まれる場になることを目指しています!

毎回、冒頭では最近の渋谷のディープなニュースをシブヤ経済新聞の編集長の西 樹さんが紹介するコーナーがあります。
また、渋谷に関わる活動をしている人のために、活動を紹介する場も設ける予定です◎

ぜひ、みんなで一緒に「これからのシブヤ」についてお酒でも飲みながら話しませんか?

参加者、ゲストが混じっての交流の時間がとても盛り上がりました。

最後にgreen drinks Shibuyaの参加者で集合写真。

green drinks Shibuyaが生まれたきっかけ
green drinks Shibuyaのはじまりは、渋谷区主催の「渋谷をつなげる30人」プロジェクトです。渋谷区の地域課題を、企業・行政・NPO・市民など様々なセクターから集まった30名がクリエイティブなアイデアで解決していく、まちづくりプロジェクト。そこで出会ったグリーンズとボッシュが、お互いのリソースを持ち寄って、「これからのシブヤ」を考える場づくりをすることになりました◎

渋谷をつなげる30人:Facebookページ

申し込みはコチラ!