12/21(木) green drinks Shibuya「ご近所づきあい2.0」を考える

greenz people ロゴ

8/12(土)”発達障害”って?どんな理解や支援ができるか考えてみませんか? 自立支援の会Bolero特別講義「”心の理論”について~社会性の問題と今後の展望」

greenz.jpでは紹介のみ行っています。お問い合わせ・ご連絡はイベント主催者さまへお願いします。


「場の空気が読めない」という言葉を聞くことがあります。

しかし現実的に空気を読むことは不可能です。ですから、この言葉の意味は、「集団の場の雰囲気から察する能力がない」ということになります。

この問題は、「心の理論」と関わりがあります。「心の理論」とは、簡単に説明すると他者の思いや考えを推察する能力のことです。「心の理論」が上手く使えないと、他者の思いや考えが分からず、そのために他者と協調できず、集団から浮いた立場になってしまうのです。

今回の講演会では、「場の空気」や「心の理論」のことを取り上げ、対人関係のあり方や社会性の獲得について考えていきます。子どもが集団に馴染めなくて、不登校などで困っておられる保護者の方々に、どうして子どもがこのような状態にあるのかを、丁寧に解説していきます。

子どもたちの問題は、成長発達によって乗り越えられるものがあります。そこで、子どもに対してどのような支援や援助をしていけばよいのかを、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

このような方はぜひご参加ください

・自立支援の会Boleroの活動内容に興味がある方
・人事担当者の方
・経営者・経営幹部の方
・管理職の方
・労働組合員の方
・CSR担当の方
・教育関係者(教師・保育士)またはそれを目指す方
・医療従事者またはそれを目指す方
・福祉関係職員またはそれを目指す方
・障害者施設職員 など

”心の理論”について~社会性の問題と今後の展望
【日時】
2017年8月12日(土)10:00〜12:00(開場9:30〜)
【会場】
ひと・まち交流館 京都 3階第3会議室
【住所】
京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1
【参加料】
500円(当日現地にて徴収させていただきます。)
【申込み先】
お申し込みはこちらから!