\求人中/サーキュラーヴィレッジのプロジェクトマネージャー@合作株式会社

greenz people ロゴ

NPO法人グリーンズの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応

(2020年4月13日公開・2021年8月19日更新

読者と関係者のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が、世界的に広がっています。罹患されたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

NPO法人グリーンズは「いかしあうつながりがあふれる幸せな社会」をビジョンに掲げ、「関係性のデザイン」を通じて自分自身とのつながり、他者とのつながり、自然とのつながりを回復し、持続可能な社会をつくることを目指しています。

人と人が物理的につながることを通じて広がる新型コロナウイルスは、世界中の人がつながっていることを改めて実感させてくれると同時に、豊かな人間関係、私たちと自然との関係、もっと言えば社会の持続可能性、レジリエンス(しなやかな復元力)への大きな問いを投げかける出来事だと捉えています。

このような時こそ、人と人が心でつながり、それぞれが本当に大切なことを大切にできて、あらゆる命が尊重される社会をつくるチャンスです。そのような動きは今、世界中で沸き起こっており、私たちグリーンズもそのような社会の実現に向けてこれからもチャレンジしていきます。

いま、私たちができることは、新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止に最大限努めながら、罹患してしまった人々や罹患すると命に関わる人々のケアを行うこと、そして経済的な打撃を受けてしまっている飲食店をはじめとした地域経済をサポートすることです。私たち全員がそれらのことを気にかけ、それぞれができることをやることが重要です。

その上で、NPO法人グリーンズとしてこの問題にどのように対応し、どのような役割を担っていくのかを以下にお知らせします。

なお、このページは社会的な情勢に合わせながら、必要に応じて随時更新していきます。下記に記載している対応は「2021年9月30日」までの期間を予定し、それ以降は慎重に検討しながら延長する可能性がございます。

支援

NPO法人グリーンズがもっているメディアやネットワークといった資源を最大限活用し、greenz.jpの取材先、greenz people、読者への支援をできるだけ行っていきます。まずは、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて困っているプロジェクトを支援する特設ページを開設しました。読者のみなさんにもこの支援に参加してほしいと思っています。詳細はこちらです。

全体での取り組み

社員と関係者の安全を最優先とし、オフィスへの出勤を原則停止、押印のデジタル化を含めた完全オンラインで業務を継続します。(押印した原本の送付が必要な場合は最大1か月ほどお時間をいただいていますので、早めにお知らせください)

グリーンズの学校の対応

すべてのクラスを、原則オンラインに移行します。

企業・行政とのコラボレーション案件の対応

取材やイベントなどの実施については関係者の安全を最優先に、基本的にはオンラインにて実施します。必要に応じて協議の上、オフラインでの実施も検討いたします。

greenz.jpでの対応

すべての取材を含む記事制作プロセスは、関係者の安全を最優先とし、できるだけオンラインにて行います。

グリーンズ出版の対応

書籍の発送が遅れる可能性があります。また、状況に応じて、発送ができない状況になった場合、返金で対応することがあります。

イベントの対応

自主企画イベントも、企業・行政コラボレーション案件も、オンライン開催へ移行します。

克服する日に向けて

わたしたちもこの新型コロナウイルス感染症の問題がいつ収束するか、わかりません。大切な親戚・友人たちとゆっくり話したり、同じ思いを共有する仲間と共に集まるという、コロナ以前では「当たり前」だったことを、心から感謝とともに、できるその日まで、みんなで力を合わせ乗り越えていきましょう。

特定非営利活動法人グリーンズ代表理事
鈴木菜央