バス停が地域をつなぐラウンジに!ボルチモアに登場した、街を変える巨大なタイポグラフィー「BUS STOP」

mmmm-bus-sculpture11

みなさんはバス停というとどんなイメージがありますか?

たった一つのベンチに雨よけもなく、バスを待っている間はず〜っと退屈…そんなシーンを想像した人も多いかもしれません。

今回は、そんなイメージを180度変える、オシャレでパンチの効いたバス停を紹介します!
 
mmmm-bus-sculpture3

アメリカはボルチモアに登場したのが、こちらの巨大な”BUS”の三文字でつくられたバス停です。

一つの文字の高さはおよそ4mで、Bの下のふくらみの中では、立って待つ人でも大丈夫な雨よけに!もともとは家具に使用される材料でつくられているので、UやSのカーブでは、ゆったりくつろぐことだってできちゃいます。

手がけたのはスペインのアーティスト集団「mmmm…」。ボルチモア市では「TRANSIT」というクリエイティブなまちづくりプログラムが進んでいて、こちらも恒久的なパブリックアートとして制作されました。

「本当にここはバス停なの?」と疑ってしまうほどユニークなこのバス停は、たちまち話題となり、住民にとっての憩いの場だけでなく、ちょっとした観光スポットにもなっている様子。
 
mmmm-bus-sculpture4

彼らはこのバス停についてこう説明しています。

都市では当たり前の待ち時間を、楽しく、インタラクティブなものにしたいと思って、このバス停をつくりました。ここが誰にとっても忘れられないような、アイコニックな待ち合わせ場所になるといいですね。

日本でも公共空間にパブリックアートがたくさんありますが、暮らしのシーンに溶け込んでいる例はそれほどないかもしれません。だからこそバス停のような日常的な存在をアート的な切り口で見なおしてみると、いろいろな発見がありそうですね。

みなさんはどんなシーンをもっと楽しくしたいですか?

[via inhabitat, THE BALTIMORE SUN, CITYLAB]

(Text:中山智晶)