ISSUE ソーシャルグッド

2 years ago - 2014.06.20

SHARES  

愛する人との最期の瞬間に、誰もが立ち会えるように。末期ガン患者の家族ためにマイルを寄付する仕組み「The Extra Mile」

new_the extra mile _mini

いつもは離れて暮らしていても、大切な人の最期の瞬間には立ち会いたい…それは誰もが抱く自然な思いです。とはいえ経済的に余裕がなく、その場に立ち会えなかったという人もいるかもしれません。

少しでもそんな困っている人を減らしたい。その想いから始まったのが、末期ガン患者の家族に飛行機のマイルを提供する「The Extra Mile」というプロジェクトです。

The Extra Mileを立ち上げたMatt Dimmerさん(以下マットさん)は、シカゴからロサンゼルスに引っ越したばかりのときに、父親が末期ガンだと知らされました。お父さんが亡くなるまでに、毎週のようにシカゴへ通う中で、ひとつの問いが浮かんできます。それは、「自分は頻繁に父親に会うことができたけど、その余裕がない人はどうしているんだろう?」というものでした。

飛行機で移動するには、お金だけでなく航空会社が提供しているマイレージも使えます。でも、人によっては使う機会がなく、期限が切れてしまう人もいるはず。そこで末期ガン患者の家族のために、マイルを提供する非営利団体を立ち上げることを決意したのです。

各国の航空会社が会員に向けてマイルの寄付を呼びかけていますが、寄付先の多くが大きなNGOやNPOです。The Extra Mileは現在マイルを提供してくれる航空会社が見つかっておらず、まずはクレジットカード会社と提携し、そのポイントをマイルとして寄付したり、引き落としによる寄付を受け付けています。

父親に会いに行ったJJさん

new_the extra mile 3_mini
(左)JJさんと(右)マットさん

最初のフライトの受け取り人は、JJ Rolleさん(以下、JJさん)。グルジア出身でシアトルを拠点に活動する53歳の俳優です。

同性愛者であるJJさんは、お父さんとセクシュアリティや仕事観のすれ違いから不仲となり、23年間一度も顔を合わせていませんでした。そんなあるとき、妹からガンがかなり進行していて深刻な状況であることを知らされます。

しかし、彼にはグルジアまで行くためのお金がありませんでした。そんなとき始まったばかりのThe Extra Mileのことを知り、マットさんのもとにメールが届いたのです。

無事に病院に着いて、23年ぶりにお父さんと再会したJJさん。いくら話しかけても、お父さんは人口呼吸器につながれたまま目を閉じ、無反応…そこでJJさんがお父さんの手をにぎると驚くべきことが。なんとお父さんも、JJさんの手をぎゅっと握り返してくれたのです。

このときの経験をJJさんはこう振り返ります。

このとき私にとって、過去が変わったのです。愛する誰かの悲しい知らせ聞くと、良いことも悪いことも、さまざまなことを思い出します。愛する人と心の中でいつも寄り添い、残りの人生をともにするのです。

もし過去にしがらみがあって、どこかで後悔したままになっているのなら、死の瞬間に立ち会うのは、それらを取り除く最後のチャンスなのだと思います。

愛する人の死は言葉にはできないくらい悲しいこと。それを前向きに乗り越えるために、「最期の瞬間に誰もが立ち会えるようにしたい」というマットさんの思いは、ニュースに取り上げられるなど少しずつ注目を集めているようです。

使われていなかったポイントを社会でシェアして、さまざまな人に大切な機会を提供するこの仕組み。ぜひ日本でも広まるといいですね。

[via FastCompany]
(text:大久保咲希)

マイルを寄付しよう!
The Extra Mile

writer ライターリスト

ライターインターン

ライターインターン

greenz.jpライターインターンは、ウェブマガジンの編集や運営に関わってみたい方向けに開講しているプログラムです。 4ヶ月間で、記事の書き方、記事を発信するブログツールの使い方、企画のつくり方を学ぶことができます。 参加費は無料で、謝礼はありませんが、編集部の主要メンバーがじっくり丁寧にレクチャーをします。ライター未経験者の方でもOKですが、将来、編集者やライターとして活動したい方にオススメです。 ▼インターンについて詳しくはこちら! → http://greenz.jp/writer_intern/

AD

infoグリーンズからのお知らせ