「平成30年7月豪雨」について

こんにちは、グリーンズスタッフのQです。最近はじまったトンテンカングリーンズ、私も書いてみようと思います。

軽く自己紹介すると、自分たちでこれからの暮らしやしごと、コミュニティづくりの実践を学ぶ「グリーンズの学校」の運営。各地の行政・企業のみなさんと、地域で仕事やコミュニティをつくるための連載・ワークショップの運営を主な仕事としています。

初トンテンカングリーンズ。最近とても心がギュッとなったことについて。

先日からの西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」で亡くなられた方にお悔やみ申し上げます。また、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。そして現場で救援活動やボランティア活動・避難所運営に関わる全ての方々に、感謝申し上げるとともに、どうぞご自身のお体もお大事にしてください。

7年前の大震災の時、私は都内にあるボランティア支援センターで働いてました。震度5の大きな揺れのあと、施設の利用者さんをバス停まで送ったり、帰宅困難者受入の準備や情報収集、寄付やボランティア窓口の対応などその時の業務が一斉に思い出されてきます。
でも、あの時私は少しでも役に立てたのだろうか。今でも少しモヤモヤしてます。

今回の災害で私にできることはなんだろうと考えて、まずはわずかながら寄付や義援金を送ることや伝えていくことだと思い、信頼しているサイトの情報を少しずつですが掲載していくことにしました。

平成30年7月豪雨に関する災害ボランティア・支援情報 【2018年7月12日 17:23】(第11報)

前職で仕事や研修でお世話になっていた東京ボランティア・市民活動センター。義援金や寄付のお知らせ、また今後ニーズが益々増えていくであろうボランティア情報が随時更新されています。

【2018年7月豪雨被害】緊急災害支援金 Emergency Donations
greenz.jpで取材させて頂いたり、イベントでもお世話になったCAMPFIREさんのクラウドファンディング。

ふるさとチョイス・災害支援(ふるさと納税)
友人がシェアしていたのでこちらも。

(随時更新していけたらいいな。もし「ここもあるよ」という情報があったら教えてください。すべてはもしかしたら掲載できない可能性もあるので、気になったときに無理なく教えてもらえれば嬉しいです。)

選択肢はたくさんあるし、状況も刻一刻と変わるけど、
私以上に心をギュッと締め付けられた方々や、まちに、少しでも貢献できることを引き続き見つけていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Qより