ISSUE 食と農

3 years ago - 2013.08.06

SHARES  

従業員はほぼ全員ボランティア!ロンドン発、地域をつなぐ未来型スーパー「The People’s Supermarket」

The People's supermarket
Some rights reserved by celesteh

みなさんにとって、お気に入りのスーパーの条件はなんですか?食材のセレクトがいい、店員さんの笑顔が素敵などいろいろあると思いますが、今日はロンドンで多くの近隣住民に愛されているスーパーをご紹介します。

その名も「The People’s Supermarket(以下TPS)」。2010年6月にオープンした、「人々による人々のためのスーパーマーケット」という理念を掲げるかなりユニークなお店です。キャメロン首相も訪れた未来型のスーパーとはいったいどんなお店なのでしょうか。

スタッフは会員制ボランティア!

The People's Supermarket on Lamb's Conduit Street in Bloomsbury, London
スタッフは会員限定お揃いの黄色いTシャツを着ています

TPSを運営するスタッフは、なんとほぼ全員ボランティア!年会費25ポンドの会員制になっており、月に4時間働く必要があります。その代わり、TPSの商品を全て20%引きで買うことができます。

誰でも会員になることができ、会員数も1,000人を突破。人件費を削減できたことで、食品の価格は手頃なものになり、めぐりめぐって会員も恩恵を受けているのです。ちなみに買い物は会員でなくてもOK。

運営方法はみんなで決める!

4929108910_1e0e36d70a
会員MTGの様子 Some Rights Reserved

他にも会員にはTPSの運営に関する投票権が与えられていて、どんな食品をどこから仕入れるのか、全て自分たちで決めています。

都市と地方をつなげることを強く意識しているTPSでは、仕入れる食品は地元のヘルシーなものがメイン。規格が違うなどの理由で買い取ってもらえないものも、TPSでは仕入れの対象になります。

Peoples-Supermarket-005
スタッフは実に様々。コミュニティの多様性を反映しています。

会員は主婦や高齢者、留学生やデザイナーなど年齢も職種もさまざま。ここでは普段は接点のない人たちと一緒に働くことで、地元の人と交流できる場にもなっています。中にはシフトが入っていないときにも仕事を手伝ったり、おしゃべりする人もいるとか。

キッチンで食料廃棄ゼロ!

peoplessupermarket8

TPSには様々な仕組みがありますが、中でもイチオシなのが「The People’s Kitchen」という店内にあるキッチン。スーパー内で売れ残った商品や、賞味期限が近いものを使って調理し、販売しています。「もったいない」という想いから始めたのですが、売り上げにもかなり貢献しているそうです。

5034911222_66048128fb
どれくらいの廃棄を救ったのかが一目でわかります

TPSの創業者は、シェフであるアーサーさんです。どうしてシェフがスーパーを作ったのでしょうか?


アーサーさんのTEDトーク。廃棄物の最小化を目指す彼の強い想いが伝わってきます。

本当の課題は、関係性が断絶していること。都市と地方の生産者の関係性、ロンドンの人々と、地方の生産者の関係性をつなぎ直すことが重要なのです。

Windowfarms」の最後にも触れたように、「消費」者と「生産」者というように分業になっていることは、食に関する問題を一層複雑にしているように思います。

ユニークな会員制や食料廃棄を減らすキッチンなど、「できたらいいな!」がいっぱい詰まったTPS。ぜひ日本でもいかがですか?

(Text: 中楯知宏)
[via GOOD]

writer ライターリスト

中楯 知宏

中楯 知宏

greenz ジュニアライター 1988年生まれ。大分生まれ福岡育ち。現在東京在住。 オイシックス株式会社所属。 趣味は旅と写真。

AD

infoグリーンズからのお知らせ