グリーンズ出版第二弾「場づくりという冒険」販売中!

greenz people ロゴ

7/18(土) 年に一度のピープル祭り!「GREENZ PEOPLE SUMMIT 2020」

こちらのイベントはグリーンズの会員制度「greenz people」のメンバー限定イベントです。いかしあうつながりを探究するコミュニティに参加したい人はこれを期にご入会ください。

\年に一度の”ピープル祭り”やります!/

こんにちは! NPOグリーンズのYOSHです。わたくしたちごとながら「7月16日はグリーンズの誕生日!」ということで、毎年7月に○○周年イベントを開催してきたのですが、14周年となる今年は、7月18日(土)に「GREENZ PEOPLE SUMMIT 2020」というオンラインイベントを開催することになりました!

コンセプトは「グリーンズピープルの、グリーンズピープルによる、グリーンズピープルのためのギャザリング」! 大きく第一部のトークと第二部のワークショップの二部構成となっています。

第一部は、2つのテーマでトークをお届けします。トーク①は「”いかしあう”という言葉の可能性(仮)」をテーマに、”いかしあう”というキーワードをビジネスに取り入れていただいている藤本遼さん(株式会社ここにある)、渡邉一樹さん(株式会社いかしあい)を、トーク②は「まちづくり×いかしあうつながり」をテーマに、まちづくりの専門家である佐藤るみさん(Green Connection Tokyo)、泉山塁威さん(都市戦術家)をゲストにお迎えします!

第二部は、「ピープルCAMP」と称して、自分のプロジェクトや探究しているテーマをお持ちの方が、今抱えている課題や今後取り組んでいきたいこと、など自由にお題を出して、話し合えるようなワークショップを初開催したいと思っています。(お題提供者募集中!)

はじめましてのみなさんも、ピープル歴数年というベテランのみなさんも、ピープルのみなさま同士がもっと深く知り合えるような機会にできたらと思っています。

第一部だけでも第二部だけでも、ランチだけでも、もちろん全部でも!お気軽に遊びに来てください◎

▼タイムテーブル(予定)

12:00 ゆるゆるランチタイム
13:00 第一部「トーク」
テーマ①「”いかしあう”という言葉の可能性(仮)」
テーマ②「まちづくり×いかしあうつながり」
14:30 第二部「ピープルCAMP」
16:00 交流会
17:00 終了

▼第一部 登壇者

テーマ①「”いかしあう”という言葉の可能性(仮)」
・藤本遼さん(株式会社ここにある/greenz people)
・渡邉一樹さん(株式会社いかしあい/greenz people)
モデレーター:鈴木菜央(NPOグリーンズ/greenz people)

テーマ②「まちづくり×いかしあうつながり」
・佐藤るみさん(Green Connection Tokyo/greenz people)
・泉山塁威さん(都市戦術家/greenz people)
モデレーター:植原正太郎(NPOグリーンズ/greenz people)

▼第二部 登壇者 ※募集中!&随時更新中!

・高野康さん(和歌山県勝手に観光協会/greenz people)
・三栗祐己さん(パーマカルチャー研究所/greenz people)
・相原里紗さん(のあそびっこプロジェクト/greenz people)
・下防さおりさん(つむぎてsalon主宰/greenz people)
ほか 
MC:兼松佳宏(NPOグリーンズ/greenz people)

▼会場
オンライン会議ツール「Zoom」で実施します。
当日URLはgreenz people限定 Facebookグループ内のイベントにてご案内しています。

第一部 ゲストプロフィール

テーマ①「”いかしあう”という言葉の可能性(仮)」

藤本遼さん(ふじもと・りょう)
株式会社ここにある 代表取締役
1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身住。場を編む人。「すべての人がわたしであることを楽しみ、まっとうしながら生きられる社会」を目指し、多様なプロジェクトを行う。「余白のデザイン」と「あわいの編集」がキーワード。現在は、イベント・地域プロジェクトの企画運営・立ち上げ支援、会議・ワークショップのファシリテーション、協働・まちづくりに関する研修・講演など、場づくりやまちづくり、公共空間の活用に関する仕事・活動を行う。

渡邉一樹さん(わたなべ・かずき)
株式会社いかしあい 代表。
1979年1月生まれ。東京生まれの東京育ち、今は移住して逗子を中心に活動しています。今までずっと経営側主体で様々な仕事をしてきました。エアコン屋に始まり、ユニクロ、クイックシルバー、介護医療を自分で経営したりもしてました。
逗子に移住したきっかけは、海の近くで生きて行きたかったことと、子供を育てる上で、逗子には面白い人たちが多く、共感できる活動をされていたからです。移住をきっかけに、自分が住むまちに寄与できる仕事をしていきたいと思い、仲間たちと「いかしあい」を立ち上げました。得意なことは、ICT導入サポート、相続アドバイス、コミュニティビルディング、新規事業の創出とお手伝いです。教育にも関心が高く、子供から子育て中のママパパのお役に立てれば幸いです!自分たちの活動が、少しでも地域の還元できるように活動していきます。

テーマ②「まちづくり×いかしあうつながり」

佐藤留美さん(さとう・るみ)
NPO法人Green Connection TOKYO 代表理事
NPO法人NPO birth事務局長
みどりのまちづくりを進める、2つのNPO法人を主宰。都市のみどり-公園や農地、雑木林などは、都市の貴重なグリーンインフラとして、その力を発揮できる場づくりを行っている。自然と人、人と人をつなぐ役割として、パークレンジャーやパークコーディネーターなど新しい仕事を生み出し、自然と共にある暮らしの実現を目指している。
「パークマネジメント-地域で活かされる公園づくり」(共著、学芸出版社、2011)

泉山塁威さん(いずみやま・るい)
都市戦術家
日本大学理工学部建築学科 助教
一般社団法人ソトノバ 共同代表理事・編集長
東京大学工学部都市工学科 非常勤講師
1984年北海道札幌市生まれ/日本大学大学院理工学研究科不動産科学専攻博士前期課程修了/明治大学大学院理工学研究科建築学専攻博士後期課程修了/博士(工学)/認定准都市プランナー/アルキメディア設計研究所、明治大学理工学部建築学科助手、同助教、東京大学先端科学技術研究センター助教などを経て、2020年4月より現職。専門は、都市経営、エリアマネジメント、パブリックスペース。タクティカル・アーバニズムやプレイスメイキングなど、パブリックスペース活用の制度、社会実験、アクティビティ調査、プロセス、仕組みを研究・実践・人材育成・情報発信に携わる。主な著書に、「ストリートデザイン・マネジメント: 公共空間を活用する制度・組織・プロセス」、「アナザーユートピア: 「オープンスペース」から都市を考える」などがある。
主な受賞に、「黒石市こみせ再生提案競技・保存修理部門―現存する「こみせ」による歴史的町並みのストリートマネジメント― 優秀賞」。

greenz peopleに入会すると「GREENZ PEOPLE SUMMIT 2020」にも参加できるし、「いかしあうつながりデザインカード」も届きます!


今年5月に完成した「いかあうつながりデザインカード」はgreenz people(NPOグリーンズの会員)限定の特典となります。まだの方もご入会いただくと、お手元にお届けいたします。

教育、まちづくり、福祉、ビジネスなど、あらゆる領域で「いかしあうつながり」をつくりたいと思っている方は、ぜひこの機会にgreenz people入会をご検討ください!

 

greenz peopleに入会する!

greenz peopleになるとどんないいことがあるの? 「greenz peopleの歩き方」はこちら!