お仕事探し中の方はグリーンズ求人をチェック!

greenz people ロゴ

1/19(日)green drinks Tokyo「地域資源を活かして愛される仕事をつくる」 Co-presented by 福島県磐梯町

みなさん、こんにちは!グリーンズの正太郎です。なんだか気持ちがワクワクする「2020年」。そんな新年に開催するgreen drinks Tokyoのお知らせです!

地域資源を活かして愛される仕事をつくる

京都大学の広井良典教授は、2017年に日立京大ラボの研究チームと行った共同研究で2050年の日本の持続可能性について、AIを活用して将来予測をもとにした政策提言を行いました。2025〜2027年までに日本の人口は「都市集中シナリオ」と「地方分散シナリオ」のどちらかに分岐が起き、以降シナリオが交わることはないということです。

「都市集中シナリオ」の場合、都市への一極集中が進行し、地方は衰退、出生率の低下と格差の拡大がさらに進行し、個人の健康寿命や幸福感は低下しますが、「地方分散シナリオ」の場合、地方へ人口分散が起こり、出生率が持ち直して格差が縮小し、個人の健康寿命や幸福感も増大するということです。

持続可能性の観点からは「地方分散シナリオ」の方が望ましいとされ、そのためには地域経済の活性化、公共交通機関の充実、地域コミュニティを支える文化の伝承などの政策が重要だと指摘されています。

未来の日本が「都市集中」に進むのか、それとも「地方分散」となれるのかは、今から5〜7年が「勝負どころ」なのです。

そんなテーマが世の中で議論されていますが、今回のgreen drinks Tokyoでは、持続可能な日本の未来のために特に「地域経済」や「地域資源を活かした仕事づくり」に焦点をあててお届けします!目に見える金銭的な価値だけでなく「愛される仕事、愛されるまちをつくる」ために必要なことにも踏み込んでみたいと思います◎

今回の開催パートナーは福島県磐梯町。アルツ磐梯の事業再生や「ジョセササイズ」といった地域資源を活かした取り組みが有名です。

スキー場の経営再生から「ジョセササイズ」まで


Some rights reserved by 雄犬

バブル期の計画をもとに1992年に開業したスキー場「アルツ磐梯」。スキー・スノーボードブームが去った後に経営が悪化し2002年に民事再生法を申請。その後、星野リゾートがスポンサーとなり経営再建を行い、3年後には黒字達成。現在も星野リゾート傘下のもと、磐梯リゾート開発株式会社が順調に経営を行っています。

そんな磐梯リゾート開発の取締役総支配人まで務めた佐藤淳一さんは、町議会議員を経て2019年6月に町長に就任。これまでの経験活かしながら、町政にチャレンジされています。「リゾート地」という地域資源の再生を通じてまちづくりを進めてきた経験をもつ佐藤町長にお話を伺えるのが楽しみです。


引用元:日本ジョセササイズ協会 WEBサイト

皆さんは「ジョセササイズ」という世にも奇妙な「エクササイズ」をご存知でしょうか?磐梯町職員の鈴木孝之さんが、2013〜2014年に西会津町役場に出向中に仲間たちと考案した「除雪でエクササイズしよう」というムーブメントです。

福島のような雪深い地域では、危険も伴う除雪作業が住民の悩みの種ですが、そんな雪かきもエクササイズとして捉え、県外の若者たちと一緒に楽しんでしまおうという一石二鳥なアプローチ。「日本ジョセササイズ協会」も発足し、くすっと笑ってしまうようなクリエイティブや仕組みで一躍話題のプロジェクトとなり、愛されながら全国に広がっています。「地域課題」としか見られていなかった「雪かき」という作業そのものをまちづくり資源として活かしている好事例ですよね。

新しいチャレンジが進む磐梯町の今

また、磐梯町は町が保有する公共施設を「Living Anywhere」と協働し、シェアサテライトオフィス「Linving Anewhere Commons 会津磐梯」として今年リニューアル。快適なオフィス環境の提供だけでなく、滞在しながら地域に関わることができる拠点として運営されています。

そんな先進的なチャレンジが進む磐梯町を一緒につくる仲間として「地域おこし協力隊」を6職種で募集中。観光、農業、獣害対策、ふるさと納税、駅舎の窓口、「Linving Anewhere Commons」のコミュニティマネージャー。今回のイベントを通じて、磐梯町に関わる仲間が見つかると嬉しいと思い、グリーンズと共に企画をしております。

今回のゲストのご紹介!

ゲストは先ほどご紹介した磐梯町長 佐藤淳一さん、日本ジョセササイズ協会会長であり磐梯町職員の鈴木孝之さんをお招きします。

そしてもう一名スペシャルゲストとして、fascinate株式会社 代表取締役社長 但馬武さんをお招きします。但馬さんはパタゴニア日本支社にてダイレクトマーケティング部門統括を中心に19年勤めた後に、地域活性化事業を行うエーゼロ株式会社の役員などを経て、「fascinate」を創業。企業・自治体を対象に、社会性と事業性を両立するビジョン立案から、マーケティングの伴走まで行われています。自治体向けにはふるさと納税のプロデュースもされているそうで愛されるまちづくり、愛される仕事づくりをサポートするプレイヤーです。そして、ご両親が磐梯山の麓でコテージを経営されていたというご縁も!

そんなわけで、盛り上がること必至の今回のgreen drinks Tokyo。磐梯町の話を切り口にしながら「地域資源を活かして愛される仕事をつくる」について一緒に考えましょう!

btn_submitグリーンズのイベントではPeatixにて事前決済をお願いします。

ゲストプロフィール

佐藤淳一さん(さとう・じゅんいち)
磐梯町長。平成元年に「磐梯リゾート開発株式会社」入社後、「星野リゾート」東京営業所長や「磐梯リゾート開発」取締役総支配人を務める。平成24年からは磐梯町観光協会長、平成27年からは磐梯町議会議員を務めた後に、令和元年6月の町長選挙に立候補し初当選。現職に至る。

鈴木孝之さん(すずき・たかゆき)
磐梯町職員 / 日本ジョセササイズ協会会長
1978年生 静岡県三島市出身。高校卒業まで静岡県で過ごし、進学のため上京。2000年に、祖母の住む福島県磐梯町に移住。翌年磐梯町職員として採用され、現在商工観光課に勤務し観光部門を担当。地区の消防団や青年会活動を行っている他、2015年には除雪は労働ではなくエクササイズであるという考え方「ジョセササイズ」の活動をスタート。日本ジョセササイズ協会を仲間と共に設立し、雪国の楽しさや魅力を伝えるべく活動している。

但馬武さん(たじま・たけし)
fascinate株式会社 代表取締役社長
パタゴニア日本支社にてダイレクトマーケティング部門統括を中心に19年勤務。その傍ら、2014年より社会性と事業性を両立する企業の成長をサポートする伴走サービスを開始。「愛される企業になる」ワークショップを中心に企業理念やビジョンの立案から、マーケティングブランの立案・推進を行う。2017年より地域活性化を展開するエーゼロ株式会社に役員として参画後に、2018年よりクリエイティブとビジネスの専門家が集まる一般社団法人RELEASE;に合流。企業や地方自治体にて未来が歓迎するビジネスを生み出していく各種プロジェクトに参画。2019年2月にfascinate株式会社を創業。
立教大学21世紀社会デザイン研究科研究員。長野県立大学ソーシャルイノベーション創出センターアドバイザー。京都市ソーシャルイノベーション研修所フェロー。

司会

植原正太郎(うえはら・しょうたろう)
NPO法人グリーンズ COO/事業統括理事
1988年4月仙台生まれ。慶應義塾大学理工学部卒。新卒でSNSマーケティング会社に入社。2014年10月よりWEBマガジン「greenz.jp」を運営するNPO法人グリーンズにスタッフとして参画。2018年4月より理事に就任し、健やかな事業と組織づくりに励む。本業の傍ら、都会のど真ん中に畑をつくる「URBAN FARMERS CLUB」も展開中。循環型社会やサステナビリティについて勉強中。一児の父。

btn_submit
グリーンズのイベントではPeatixにて事前決済をお願いします。

イベント概要

【テーマ】
green drinks Tokyo 「地域資源を活かして愛される仕事をつくる」

【日時】
2020年1月19日(日)
13:00-16:00
※13:00OPEN、13:30から本編開始です!

【会場】

株式会社LIFULL 本社2階 LIFULL HUB(東京都千代田区麹町1-4-4)東京メトロ半蔵門駅より徒歩5分

Google Map

【定員】
50名

【参加費】
早割チケット(1/13まで) 1500円(おやつ+1ドリンク付き)
一般チケット 2,000円(おやつ+1ドリンク付き)
greenz peopleチケット 1,000円(おやつ+1ドリンク付き)

※greenz peopleチケットは、greenz.jpを寄付でサポートしてくださる読者限定です。まだの方はこれ機にぜひ。 →グリーンズの寄付読者制度「greenz people

【お申込み】

btn_submit
グリーンズのイベントではPeatixにて事前決済をお願いします。

【スケジュール】
13:00 会場OPEN
13:30 本編開始 / ゲストトーク
14:20 トークセッション
15:00 交流会
16:00 CLOSE

【共催】
NPO法人グリーンズ
福島県耶麻郡磐梯町

【協力】
株式会社LIFULL

green drinks とは!
green drinksは、ニューヨークやハワイ、中国からボツワナまで世界の800都市以上で開催されているグリーンやエコをテーマにしたパーティ。日本でも100箇所以上で開催されています。グリーンズは東京のオフィシャルオーガナイザーとして、不定期でgreen drinks Tokyoを行っています。

撮影:nD inc. / Ayako Hiragi

クリエイター、NPO/NGOのリーダーやソーシャルアントレプレナー、各分野のクリエータから企業の環境・CSR部門などでバリバリ活躍中の方々まで、日本のこれからのキーパーソンがわんさか集まります!おひとりでも大勢でも、お誘い合わせの上遊びにきてください!

btn_submit
グリーンズのイベントではPeatixにて事前決済をお願いします。