\2000部 突破/「beの肩書き」本、好評販売中!

greenz people ロゴ

1/16(木)green drinks Tokyo 「アウトドアライフをつくる働き方 とは?」Co-presented by 福岡県赤村

\アウトドアを仕事にしたい。そんな方のための2時間半!/

こんにちは!グリーンズ スタッフの山中です。

近年、キャンプやハイク、トレイルランなどのアウトドアを楽しむ人が増えてきます。90年代の第1次アウトドアブーム以降減少したアウトドア人口が、自然回帰志向の高まりや余暇への関心の高まりなどからふたたび増加しているのです。

そうしたなかで、アウトドアを「余暇に楽しむ」のではなく、「自らアウトドアのあるライフスタイルを実践し、魅力を提供する」という、「アウトドアライフをつくる働き方」に取り組む方もあらわれています。

今回のgreen drinks Tokyoでは、「アウトドアライフをつくる働き方とは?」をテーマに、アウトドアライフをつくる働き方とはどのようなものなのか、そのやりがいや大変さはなにかなど、実際に「アウトドアライフをつくる働き方」を実践しているゲストの皆さんのお話を聞きながら、ドリンク片手にみなさんと考えてみたいと思います。

これから「アウトドアライフをつくる働き方」をしたいという方、すでにそうした働き方を実践している方、アウトドアが大好きな方は、ぜひお気軽にご参加ください!

<こんな人にオススメ!>
・「アウトドアライフをつくる働き方」をしたい
・「アウトドアライフをつくる働き方」を実践している
・アウトドアが大好き!
・「アウトドアライフをつくる働き方」についてみんなで語りたい
・登壇するゲストや、その取り組みに興味がある
・green drinks Tokyoが気になる!
など

■ゲスト

桑原慶(くわばら・けい)
トレイル&ランニングショップRun boys! Run girls! 店主。ダイエット目的ではじめたトレイルランニングにのめり込み、自分や友人の人生がランニングを通じて大きく変わる様を体験。そこからランニングを通じた豊かな人生を提案すべく、Run boys! Run girls! を2013年にオープン。

松本優一郎(まつもと・ゆういちろう)
赤村役場職員として16年目。「何もない。だが、それがいい。」をモットーに、周回遅れのトップランナーを目指し、企画係長として地域資源の良さをいかに外部に伝えるかを日々模索中。関わっている事業は、「地方創生」「地域おこし協力隊」「移住施策」「空き家バンク」など。

吉川裕樹(よしかわ・ひろき)
株式会社ヤマップ 営業・企画マネージャー 1987年生まれ、福岡県出身。日系自動車部品メーカーに就職後、インド勤務を経て地元福岡を拠点に、アウトドアを日本の文化にするというヤマップの理念に共感し、ヤマップに参画するべく2017年7月に帰国。博多湾に浮かぶ能古島から毎朝フェリー通勤しながら自治体営業の窓口として西日本の自治体を中心にタイアップ企画立案や自然資源を生かした自治体のブランディングに向けて日々邁進中。

■ファシリテーター

山中康司(やまなか・こうじ)
「生き方編集者」として、編集やライティング、対話の場づくりなどに取り組む。関心領域はキャリア、ライフスタイル、サスティナビリティ、パートナーシップなど。関わっている主なプロジェクトは、「グリーンズ求人」「キャリアデザインの教室」「生き方見本市TOKYO」。

イベント詳細


【テーマ】
green drinks Tokyo 「アウトドアライフをつくる働き方」

【日時】
2020年1月16日(木)19:00 ~ 21:30(※19:00OPEN、19:30から本編開始です!)

【会場】
SHIBAURA HOUSE(東京都港区芝浦3-15-4)
JR田町駅より徒歩7分
google map

【定員】
50名

【参加費】
一般チケット 2,000円(軽食+1ドリンク付き)
greenz peopleチケット 1,500円(軽食+1ドリンク付き)

※greenz peopleチケットは、greenz.jpを寄付でサポートしてくださる読者限定です。まだの方はこれを機にぜひ!

→グリーンズの寄付読者制度「greenz people

【スケジュール】
19:00 会場OPEN / ごはんタイム
19:30 本編開始 / ゲストトーク
20:40 福岡県赤村「源じいの森キャンプ場」のメンバー募集の紹介
21:00 交流会
21:30 CLOSE

【共催】
NPO法人グリーンズ
福岡県赤村

【お申込み】
お申し込みはこちら!

<お願い>
・事前決済にご協力おねがいします!
・会場にはクロークがございません。おそれいりますが各自お手荷物は管理くださいませ。
・困ったことがありましたら、何でもスタッフにおたずねください。話す人が居ない…でもOK!

今回のgd開催パートナーの「福岡県赤村」とは?

赤村は、福岡県筑豊地域の東部にある、2019年には村制施行130周年を迎えた人口は3,000人ほどの村です。筑豊地方といえば、かつて炭鉱で栄えたエリアだというイメージがありますが、赤村は筑豊地方にあって唯一炭鉱がなかった村。そのため、この地域には綺麗な水や青々とした木々など、豊かな自然が残っています。

そんな赤村の「顔」とも言えるのが、「自然学習村 源じいの森」。平成4年にオープンし、宿泊施設、キャンプ場、研修・会議室・運動やコンサートのできる多目的ホール、食堂、温泉を兼ね備えた場所です。

写真:ALBUS 天本浩一

今、そんな「源じいの森」のキャンプ場で、「キャンプライフ・コーディネーター」として活動する地域おこし協力隊の募集が始まりました。

「キャンプライフ・コーディネーター」は、おそらく世界でここだけの、「アウトドアライフをつくる働き方」が実践できる仕事。仕事の内容や、仲間募集に対する想いなど、詳しくは記事をご覧ください。

ほしいキャンプライフは、つくろう。福岡県赤村の「源じいの森」で活動する「キャンプライフ・コーディネーター」の仕事 #仲間募集

<green drinks とは!>
green drinksは、ニューヨークやハワイ、中国からボツワナまで世界の800都市以上で開催されているグリーンやエコをテーマにしたパーティ。日本でも100箇所以上で開催されています。グリーンズは東京のオフィシャルオーガナイザーとして、不定期でgreen drinks Tokyoを行っています。

クリエイター、NPO/NGOのリーダーやソーシャルアントレプレナー、各分野のクリエータから企業の環境・CSR部門などでバリバリ活躍中の方々まで、日本のこれからのキーパーソンがわんさか集まります!おひとりでも大勢でも、お誘い合わせの上遊びにきてください!

イベント詳細・申し込み